2005年10月31日

バナナの移植

051031バナナ移植1.jpg
051031バナナ移植2.jpg
051031バナナ移植3.jpg


自宅バナナ園の密植をさけるために、
成育途上のバナナ苗を中心に、
バナナをコーヒー畑に移し替えをしています。

画像のように、
バナナの根は、この程度付いていれば充分根付くのです。

今日のバナナは、全て“モンキー型”正統派の島バナナです。

特徴は、他のバナナに比べて、茎(幹)が細いことです。
その代わり、高さは2.5〜3mくらいになり、
他のバナナより50cm以上高く、
台風の被害も、他のバナナより受けやすいです。

小さい方の苗2本は、高さが1メートル程度です。
一般的には、この程度までのバナナ苗を植えます。

これ以上大きくなると、移植は可能ですが、
実が成るかどうかわかりません。

画像のように、すでに成熟期に入りつつあって、
来年には実を付けるようなバナナは、
おそらく移植すると実が付かない可能性が高いと思います。

バナナは、株が出てから実を付けるまで
18〜24ヶ月で、何年も持たないのです。

実が付いて収穫したら、切り倒さないと朽ちてしまいます。

簡単にノコギリで切れるので、手間はかからないのですが。

今回、大きなバナナを移植する理由は、
来年実を付けなくても、
おそらく高い確率で、新しい“株”を出すと思うからです。

植物は何でもそうですが、
自分がダメだと判断したら、
花を咲かせ、実を付け、新しい種に次を託そうとするのです。
バナナも全く同様です。

割と簡単に、次から次へと新しい“株”を出してくるのです。

一度、バナナの苗を買うと、
おそらく次は買わなくても良いはずです。

作業が夕方になってしまいましたので、
コーヒー畑に移植している画像は今日は撮影できませんでしたので、
それは次回ということで。


posted by RIU at 22:51| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

美肌効果の「バナナジェル」〜その4「輸入バナナジェルとの比較」

051023ジェル.jpg
051027ジェル.jpg
051030ジェル.jpg

10月13日 美肌効果の「バナナジェル」〜その1
10月14日 美肌効果の「バナナジェル」〜その2「作り方」
10月19日 美肌効果の「バナナジェル」
〜その3「輸入バナナジェルとの比較」

島バナナと輸入バナナのジェルの比較テスト(経過)

画像は3枚ありますが、上から
11日目、
15日目、
18日目(今日)、
です。

撮影した時間帯や、電灯のかげんで微妙に違って見えますが、
何となく、輸入バナナジェルが白濁してきたような感じがします。

輸入バナナジェルは農薬やくん蒸処理のせいで
「数日すると変色する」
との予想からすると、だいぶ日持ちがしているようですが、
冷蔵庫での保存方法が
「チルド室」
にしていることが影響しているのかもしれません。

マスメディアの報道を信じて、
輸入バナナのジェルを顔に塗った人は、
その後副作用とか問題はないのでしょうかexclamation&question


posted by RIU at 23:17| 沖縄 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | バナナジェル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

沖縄といえば「お茶」〜その9「中国茶の歴史−C宋代〜明代」

10月 4日 沖縄といえば「お茶」〜その1「緑茶」
10月 5日 沖縄といえば「お茶」〜その2「中国茶と日本茶の違い」
10月 6日 沖縄といえば「お茶」〜その3「チャとティーの語源」
10月 7日 沖縄といえば「お茶」〜その4
「世界のお茶を製法によって4つに分類する」
10月 8日 沖縄といえば「お茶」〜その5「中国茶の種類」
10月12日 沖縄といえば「お茶」〜その6
「中国茶の歴史−@発祥と起源」
10月16日 沖縄といえば「お茶」〜その7
「中国茶の歴史−A茶の始まりと変遷」
10月26日 沖縄といえば「お茶」〜その8
「中国茶の歴史−B茶の製法が発達した唐代」

闘茶(とうちゃ)が盛んに行われた宋代
宋代(960〜1279年)になると、
茶は「固形茶」「散茶」が主流になり、
さらに製造技術が発展してゆきました。

この時代の朝廷や貴族、上流階層の人たちは、
製造するにも飲むにも手間のかかる
「龍鳳(りゅうほう)茶」と呼ばれる固形茶を尊重していました。

宋代には唐代からあったとされる、
新茶の季節にお茶の“湯色”と“湯花”に関する
「利き酒のお茶バージョン」のような
勝負の「闘茶(斗茶)」が盛んに行われ、
当時お茶好きの人が増えてきたことが分かります。

宋代末期になると「白茶」「龍井(ろんじん)茶」が出現し、
徐々に固形茶がすたれ、散茶の生産量が増えてゆきました。


“茶馬貿易”が盛んになった明代
明代(1368〜1644年)には
百片のお茶で馬1頭と交換できた「茶馬貿易」が盛んになり、
この頃になるとお茶は現在のような嗜好品ではなくて、
軍事力や生活の面で欠かせない重要な存在であったことが分かります。

明代の初めには貢茶制度は廃止され、
貢茶(固形茶)は「茶馬貿易」用となり、
散茶が主流となってゆきました。

当時はお茶の製造方法でも、
釜炒りして作る紗青(しょうせい)茶が完成されました。

明代末期の上流社会では武夷岩(ぶいがん)茶が人気を博し、
発酵茶である紅茶も作られるようになりました。

また、この時代では景徳鎮(けいとくちん)
窯(かま)が開かれたことによって、
茶器に対してのこだわりも大きくなり、
また宜興(ぎこう)の茶壷(ちゃこ)が人気となってゆきました。

さらに1600年代にはヨーロッパへお茶が伝わり、
英国で注目され始めます。

posted by RIU at 21:50| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄といえば「茶」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

10月28日現在の自宅バナナ園の様子

051028バナナ1.jpg
051028バナナ2.jpg
051028島バナナ上から.jpg
051028島バナナ.jpg
051028大バナナ.jpg
051028開花.jpg
051028ク敗?.jpg
051028低木バナナ.jpg


沖縄は秋に入り、トラクターが農地を掘り起こし、
早い農家では、かぼちゃ苗植えを始めています。

沖縄農業は本土と逆で、今から来年5月までがシーズンなのです。

日中は、まだ29℃もあって、半そでで充分の暑さです。

今年、なぜか本島には台風の襲来がなく、
バナナのご機嫌も良かったようで、
今の時期でも成育状態は良好です。

3番目の画像は、4番目の島バナナ(正統派モンキー型島バナナ)を
上から撮影したものです。

4番目の島バナナと、5番目の大きい房のバナナは、
ロープで茎を縛ってあるのがお分かりになるでしょうかexclamation&question

4番目は、ブロック塀に房がかかりそうになっているので、
接触を避けるためにロープで茎を縛りました。

5番目は、房が大きすぎて、このままでは倒壊の危険性が高いので、
ロープで茎を縛り、これ以上倒れないようにしました。

下から3番目の画像は、ペリカンの口ばしみたいになっていますが、
これがバナナの「花」です。

下から2番目の画像は、「花」が横から出てきてしまい、
房も横になっていますから、
おそらくこういうのはダメかもしれません。

「花」や房が下に垂れないと、
重さのバランスが取れないはずですから、
「順調な成育はしないのではexclamation&question
と考えています。
最後、どうなるのかも見届けたいと思います。

一番下の画像は、
高さ約1メートル程度と言われる「低木バナナ」の苗(株)です。

私があまり好きではない“品種改良”の「新形種」です。

どうなるのか興味本位で苗(株)を買って、
4月1日に植えたことを忘れていました。

もう半年も経つのに、
買った時とほとんど大きさが変わっていないので、
“鉢”で栽培した方が良かったのかもしれません。もうやだ〜(悲しい顔)

他のバナナが2〜2.5メートルの高さなので、
日に当たりませんから、
そういうことも影響があるのかもしれません。
しばらく様子を見たいと思います。

posted by RIU at 16:05| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

沖縄のガソリン価格〜その4

リン価格.jpg

9月 9日 沖縄のガソリン価格〜その1
9月22日 沖縄のガソリン価格〜その2
9月30日 沖縄のガソリン価格〜その3


行きつけのガソリンスタンドでは、
レギュラーガソリンが、しばらく1リッター109円でしたが、
今日給油すると116円に値上がりしていました。

このスタンドで116円ということは、
他店ではもう少し高いはずです。

全国店頭平均価格は、
10月10日時点で1リッター131円で横ばいのようです。

10月24日、石油情報センターから、
ガソリン価格は東京、愛知など28都県で値上がりをして、
青森、奈良、沖縄の3県は2円値下がり、
その他は横ばい、という発表があったのに、
今日の給油での7円値上げ(116円−109円)の
理由は不可解ですが、
良心的な給油所での価格転嫁時期は、
石油元売りの仕切り価格(卸値)の値上げ時期に
合わせて実行するのではなく、
値上げ前に買い入れたスタンド地下のタンクにある在庫分が
無くなるまでは値上げを見合わせるので、
そのあたりもよく見極めなければなりません。

常識的には当たり前の話ですが、
ほとんどの給油所の経営者は
「元売りが値上げしたので、値上げする」
という考え方をしています。

もっとも全国的に給油所の経営は苦しく、
8割は“赤字”と言われていますから、
止むを得ないのかもしれませんが。

8割も“赤字”なのに、潰れないマジックは、
「元売り各社」にあります。

スタンドが潰れると、
単純に自社製ガソリンの販売量が落ちてしまいますから、
赤字を承知でガソリンを販売させ、
ギリギリ限界まで“面倒”を見ているからなのです。
おかしな業界ですね。

ガソリンだけではなく、灯油の値上がりも激しく、
5月に1,140円(18リットル缶)と
1990年11月以来の最高値を付け、
10月価格は1,258円(年初からの値上げ率は24%)と
過去最高値を更新したようです。

沖縄の冬はストーブ等の暖房を利用する家庭は少数ですが、
本土の、特に寒い地域では冬場の需要期を迎え、
家計への影響も懸念されることになりますね。


posted by RIU at 14:55| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

沖縄といえば「お茶」〜その8「中国茶の歴史−B茶の製法が発達した唐代」

10月 4日 沖縄といえば「お茶」〜その1「緑茶」
10月 5日 沖縄といえば「お茶」〜その2「中国茶と日本茶の違い」
10月 6日 沖縄といえば「お茶」〜その3「チャとティーの語源」
10月 7日 沖縄といえば「お茶」〜その4
「世界のお茶を製法によって4つに分類する」
10月 8日 沖縄といえば「お茶」〜その5「中国茶の種類」
10月12日 沖縄といえば「お茶」〜その6
「中国茶の歴史−@発祥と起源」
10月16日 沖縄といえば「お茶」〜その7
「中国茶の歴史−A茶の始まりと変遷」


唐代(618年〜907年)
この時代になると、中国全土でお茶が栽培されるようになり、
喫茶の習慣は王侯貴族から民間にまで広がり、
当時大都会であった長安や洛陽では、
どんな家庭でもお茶を飲む習慣が出来てきました。

当時のお茶は、
蒸した柔らかい茶葉を臼でついて圧縮し、
固形茶として乾燥させて保存する「団茶(餅茶)」という製法でした。

それを砕いて粉末茶にして、湯を入れて飲んでいた、
と伝えられています。

その他には、蒸した茶葉をそのまま乾燥させて散茶にしたり、
生葉を炒って仕上げる製法もあったようです。

この時代では、喫茶の風習がどんどん広がって、
茶館などが出現しています。

李白をはじめ多くの詩人、文豪が現われて文芸を盛んにし、
文人らに親しまれることでお茶の生産と消費が拡大してゆきました。

社会的にも“お茶”が認知され、
経済的にも貢献するようになったのです。

日本にお茶がもたらされたのも、この時代で、
「行基(ぎょうき)」が日本に初めて茶樹を植えた、
と伝えられています。

posted by RIU at 18:32| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 沖縄といえば「茶」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

沖縄といえば「タバスコ」

タバスコの栽培.jpg
唐辛子比較・葉.jpg
唐辛子比較・タ2.jpg

8月2日 沖縄といえば「島唐辛子」


タバスコが、そろそろ収穫時期を迎えました。

比較画像では、
左側が「タバスコ」、
右側が「沖縄の島唐辛子」
です。

“タバスコ”とは、
もちろん、パスタなどにかけるペッパーソースのことです。

種苗センターにタバスコやハバネロの苗が売っていたので、
試しに買って自宅で栽培しました。

ですから、特に沖縄名産ではないのです。

ギネス公認世界一辛い唐辛子は、
メキシコ原産の赤やオレンジ、緑色をした
ピーマンのような形の「ハバネロ」という品種ですが、
ただ「辛味」だけが強く感じるだけなので、
個人的には好きではないので、ハバネロの苗は買いませんでした。

ギネスには、ハバネロの辛さの測定単位「スコピル」が
『30万』という“測定値”を登録しています。

「スコピル」は、唐辛子の辛味成分「カプサイシン」の
辛味度合いを表現するための単位で、
この数値は、例えば「1万スコピル」というと、
1万倍に薄めたとき、辛味を感じなくなるという意味で、
要するに、辛味が感じなくなるまで水で薄めたときの
「希釈倍率数」のことです。

ギネスに登録した当時は、
「スコピル」を厳密に機械で測定したではなく、
5人の人間が判定したものなので、
かなりいい加減なものなんですね。

当時の比較では、
タバスコが3万スコピルと判定されていたようです。

現在では、「カプサイシン濃度」を科学的に測定していますが、
・ ハバネロ10万〜30万スコピル
・ タバスコ3万〜5万スコピル
で、辛さはグッと接近してきました。

「唐辛子」は、
個人的には、沖縄の「島唐辛子」が“世界最強”だと思っています。

沖縄の島唐辛子は、辛味だけでなく、“コク”がありますから。


タバスコ種
メキシコを征服したコルテスが、スペインに持ち帰り、
その後世界中に広がる中で、
多数の変種を産み出す大もとになった品種だとも言われています。

タバスコ種は辛味が特に強い品種で、
果実は本来は鷹の爪と同じ位の5〜7cmほどの大きさで、
やや丸みがあり、果肉が厚く多汁質であるため
乾燥用には不向きとされています。

我が家で栽培したタバスコは、
画像のように
右の島唐辛子より一回り大きい程度にしかなりませんでした。

沖縄はサンゴ礁が隆起した島なので、
土壌にミネラル成分が多いのが特長で、
本島南部のジャーカルは、弱アルカリ土壌であることも、
生育に影響したのでしょうかexclamation&question

タバスコは、アメリカルイジアナ州の
「Edmund McIlhenny(エドムンド・マキレニー)」が、
南北戦争直後に発明し、
1868年に「タバスコ」の商標で
「マキレニー社」から販売しました。

今からちょうど100年前の1905年には商標登録を得ましたが、
「タバスコ」はメキシコの州名であり、
トウガラシの品種名でもあったため、
1909年には連邦当局の異議申立てにより、
「タバスコ」の商標権を取り消されてしまいます。

マキレニー社は商標権の反論闘争をし、
1920年代初頭にニューオリンズの連邦巡回控訴裁判所において、
「タバスコ・ソース」という名は
マキレニー社のソースを意味するとして商標登録が許可されました。

そのため、現在では「タバスコ」の名を加工食品に使用することは、
商標権に触れることになります。

タバスコは、現在ではアメリカのルイジアナ州を中心に栽培されており、
これを原料にして発酵熟成された辛いソースが「タバスコソース」であり、
一般的には唐辛子から作られるホットソースとか
チリーソースと呼ばれているソースの中の一商品なのです。

アメリカでは、ステーキなどにもかけたり、
炒めもの、カレー、スープ、ソースなどで多用するようですが、
イタリアではオリーブオイルに唐辛子を漬け込んで香
りや辛味の移ったオイルを多用し、
酢の入っているタバスコをパスタやピザにかける人は少ないそうです。

パスタやピザにタバスコをかけるのは、
日本人の特異な習慣らしいです。

日本に紹介したのはアントニオ猪木らしいですから、
猪木がパスタやピザにタバスコをかけたのでしょうかexclamation&question

パスタにパルメザンチーズという質が悪い粉チーズを
振りかける習慣が日本人にはあって、海外では少ないことからすると、
これも猪木が流行らせたのでしょうかexclamation&question

日本人って、味を台無しにして食べているのかもしれませんね。もうやだ〜(悲しい顔)


このタバスコに食塩を加えて一定条件の下で漬け込み、
じっくり発酵熟成させ、さらにすりつぶして裏ごしし、
最後に塩分と酢を調整すると、
とびきり辛く、特有の風味とほどよい
酸味でお馴染みの「タバスコソース」ができあがるのです。

タバスコ種で出来るなら、沖縄の島唐辛子でも出来るはずですから、
一度チャレンジしてみたいと思います。


唐辛子の種類
唐辛子はナス科の一年草で、一般的に辛味種と甘味種に分類されます。

・ 辛味種
  島唐辛子、鷹の爪、青唐辛子、韓国唐辛子、八房、伏見辛、
  ハバネロ、パラペーニョ、カイエンペッパー、ブリッキーヌなど

・ 甘味種
  ピーマン、パプリカ、ししとう、伏見甘、万願寺唐辛子、
  アンチョ、山科など


「辛い実は、上(天)を向く」と言われているように、
沖縄の島唐辛子もタバスコも同様に実が上を向いていますが、
世界一辛いというハバネロは、ピーマン状なためか、
吊り下がって実がなりますから、
あまりアテにならないかもしれませんね。

タイワンシロガシラという賢い害鳥は、
島唐辛子を食べるので不思議に思っていましたが、
カプサイシンは鳥は耐性を持つことがあって、
辛さに無感覚になるらしいです。

タバスコで、10円玉を洗浄する実験!
posted by RIU at 23:22| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄といえば「野菜」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

沖縄といえば「スターフルーツ」!

スターフルーツ市場1.jpg
スターフルーツ盛付け.jpg
スターフルーツ断面.jpg
スターフルーツ結タ6.jpg
スターフルーツ花.jpg

自宅近くの市場に「スターフルーツ」が出ていました。

熱帯地域の果物で、見たことがある人が多いと思いますが、
実際手に取ってみると
「なにこれexclamation&question
「どうやって食べるのexclamation&question
と不思議な気持ちにさせるトロピカルフルーツなのです。

自宅近くの市場は、「格外品」といって、
最高に良い状態の形・色・大きさではなくて、
いわゆる“B品”、“C品”のたぐいが多く出てきます。

そのため、最初の画像のように、
100円パックに小さめの「スターフルーツ」が
5〜6個入っているわけです。

今までに掲載した「ドラゴンフルーツ」、「アテモヤ」等も
同じように「格外品」ですが、
一級品と味は同じですから、
形は多少ヘンテコでも安いほうが良いんです。

グリーン色は数日経てば、黄緑色になり、
熟すにつれて黄色くなります。

熟していなければ室温に放置しておいても大丈夫ですが、
熟したものは2〜3日以内に食べるか、
冷蔵庫で貯蔵すれば約2週間保存が可能です。


1. 原産地
   マレー半島、モロッコ群島、ジャワ島など諸説ありますが、
はっきりしたことは不明のようです。

2. 学名: Averrhoa carambola Linn.
   和名: ゴレンシ(五斂子)
   別名: スターフルーツ

3. 特長
   3番目の画像のように、
   横に切ると断面が星形になるのでこの名があります。
   中国では昔から特に好まれている果物で
   「ヤンタオ」と言われているようです。
   現在では東南アジアを始めとして
   世界中の熱帯・亜熱帯地域で栽培されています。
   果実は長さ5〜15cmで、
   果皮はつやつやして薄く、熟すと黄色になります。

4. 食味
   果肉は半透明で水分に富み、酸味と甘みが同居して、
   独特の香りがあります。
   歯ざわりはサクサクして、
   さっぱりした梨のような食感である。
   グリーン色の未熟な果実ほど酸味が強く、
   黄緑色〜黄色に熟すにしたがって甘くなります。
   食べ慣れない味と“甘さ”で、
   「リピート性は少ないと」という味です。
   珍しモノ好きの人は、ぜひ1切れだけ、お試し下さい。
   「パッションフルーツ」や「ドラゴンフルーツ」同様、
   生食より加工向きかもしれません。

5. 果肉100g中の主な成分
・ 水分     91%
・ 繊維      0.7〜0.9%
・ カロリー   35カロリー
・ プロテイン   0.51g
・ カリウム  200mg
・ ビタミンA  90mg
・ビタミンC  560mg(レモンの約6倍)
6. 食べ方
   横に切ると星型で面白い形になるのが最大の特長ですが、
   外側の果皮は薄くて離れが悪いので、
   果皮をムリに取り除かず、
   果皮ごと5mm〜1cm程度に薄くスライスし、
   芯の繊維部や種を除いて、果皮のまま食べます。
   冷蔵庫で冷やした方が、美味しく感じられます。

   「スターフルーツ」は、単品より
   他の果実や野菜と合わせたり、加工したほうがお薦めできます。
・ 薄くスライスして副菜として、サラダなどの野菜料理に添える
・ 魚介類や野菜との炒め物(中華的使い方)
・ 熟しかけの果実をゼリーやジャムの原料として利用する
・ 単品か、他の果実と混ぜたジュースにする
・ ミキサーで挽いて、シャーベット,プリンに混ぜる
・ シロップ漬けやピクルスなどにも利用出来る
・ レモンの代わりの飾り
・ カクテル,前菜,ケーキ,パイ,チーズの盛り合わせ等の飾り

7. 栽培
   生育適温は20〜30度、
   年間降水量が1500〜2000mm、
   土壌は比較的柔軟に適応するといわれ、
   温暖でやや湿度の高い気候でよく生育し、
   低温にも比較的強いので、
   沖縄本島(那覇)の年間平均気温は23℃、
   年間降水量は1,600mmですから、
   沖縄では放任型露地栽培が可能なんです。
   高さ5〜10mに達する常緑中木ですが、
   風にはに弱く、特に1〜3年生の幼木は根の分布が浅いので、
   防風対策は必須条件になります。
   本島北部の本部半島で、
   たんかん(沖縄みかん)の代わりに栽培する農家が増えています。
   一番下の画像のように、
   甘い香りのするピンクか紫色の花が房となって咲きます。

8. 収穫
   樹上完熟で黄色くなってから収獲すると、
   酸味が少なくなり、甘さが増すのですが、
   柔らかくなるため輸送性が悪くなります。
   そのため、三分成熟の青い段階で収穫します。
   輸送性が良くなり、保存期間も長くなりますし、
   室温で追熟すれば、より酸味が少なくなり、甘くなります。

posted by RIU at 20:16| 沖縄 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄といえば「果物」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

自宅で日本最大のクモを発見!〜その3

クモ裏側から.jpg
クモ横から.jpg
引越し強要センター.jpg
引越し鬼ババ.gif

9月11日 自宅で日本最大のクモを発見!
9月14日 自宅で日本最大のクモを発見!〜その2

引越し大好きの“オオジョロウクモ”

るんるんまたも 出ました よさほいのほい〜」
この歌、昔、発禁になったんでしたね。

自宅の庭でも、よく注意して歩かないと、
突然こんなクモの巣が出来ていたりします。

夜中に寝ているときだって、
突然バサッと、大きなクモが落ちてきて、
腕に当たったりします。

もちろん、心臓が停まるほど驚きますが、
クモも驚いたようで、サワサワサワっと一目散に逃げ出します。

「近くに潜んでいるんじゃないか」と、
布団をひっくり返して入念に調べますが、
もうろうとしていることもあって見つかったことはありません。

この“オオジョロウクモ”は文献にあるように、
エサが取れないと、すぐに引越しをします。

今日は、アセロラの木に巣が張ってありました。


奈良の引越しおばはんは、
先日罰金200万円の判決を受けましたが、
問題は出所後のお礼参りですよねexclamation&question

とてもタダで済むとは思えませんが…がく〜(落胆した顔)

今日は手抜きということで。


posted by RIU at 12:24| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄といえば「生物」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

沖縄といえば「アイスクリーム」!〜その3「アイスクリン」

アイスクリン2.jpg
アイスクリン5.jpg
アイスクリン4.jpg
アイスクリン3.jpg
アイスクリン.jpg

10月20日 沖縄といえば「アイスクリーム」!〜その1
10月21日 沖縄といえば「アイスクリーム」!〜その2

哀愁の“アイスクリン”
ゴールデンウィークから観光シーズン終盤の10月あたりの時期に、
沖縄本島の南部から北部の名護あたりまで、
主要道路沿いに白と青で配色されたパラソルで
「アイスクリン」という看板を掲げて
バイトの少女がいす椅子に座っている姿は、
この時期に沖縄に来たことがある人は必ず目目撃しているはずです。

それが沖縄名物「アイスクリン」なのです。

バス停バスなど道幅が広くなっていて自動車車(セダン)の停めやすい路肩に
“店舗”を開いているし、
ウブな少女が1人ポツンと椅子に座っているので、
なぜか気になって、車車(RV)を停めたい駐車場衝動にかられてしまうのです。

業者からしたら、それが「誘いの手口」手(チョキ)で、
彼女たちは“おとり”なんですね。

鼻の下を伸ばしたヤツなら片っ端から駐車場停まってしまうでしょう。

衛生面での疑問はさておき、
肝心の味は、昔懐かしいミルク風味のシャーベットに近い味で、
「しまったexclamation」という後悔はないです。

何せ150円と安いですから、高級感はありませんが。

ドームでやる「ビールビール、いかがっすか〜グッド(上向き矢印)」の歩合制のバイトや
「ようこそ、レストランデニーズへexclamation」と比べると、
確かに楽チンそうですから、小中学校の女の子は、
「いつかやってみたい」という一種の憧れがあって、
沖縄の少女のバイトとしての登竜門になっているのです。

バイトは“食べ放題”という特典が付いているし、
ほとんど“店番”状態で、座っていれば良く、
特別な技術も要りませんからね。


アイスクリン娘のバイト内容
・ 労働時間時計 
  朝9時頃〜夕方6時頃まで

・ 出勤日 
  ボランティアではないので、観光シーズンに合わせて、
  交通量の多そうな日、特に夏休み期間や土日祝日はまず出ています。
  雨雨降りの日は当然ながら休みが多いです。

・ 日当 4,300円
  沖縄の最低賃金は時給608円ですから、
  実質労働時間は7時間、ということになりますが、
  実態はどうなのでしょうかexclamation&question

・ 女子中高生限定で、客寄せパンダにならないオバはんは採用不可exclamation×2
  16歳未満でも軽労働だから労働基準法はクリアしているんですね。

・ 原価50円とすると、日当4,300円では86個売らないと
  赤字になってしまいますから、
  業者からすると最低100個は必須ノルマでしょう。
  多い“店舗”で200個は売るらしいです。
  7時間で200個売るということは、
  2分に1個売れる計算になりますから、
  休んでいるヒマなんかないですよね。
  今まで見た感じだと、
  それほど駐車場停まっているようには見えませんでしたが。
  車車(セダン)1台で複数人乗っていれば、
  1人買えば全員買うことにはなりますし、
  持ち帰り用の1,000円分と2,000円分の箱売りも
  あるそうですから、成り立っているんでしょう。

・ バイトはアイスクリン“食べ放題”という特典付きですが、
  コーンは販売用(最後にコーンが減った数と売上金をチェックする)
  なので、紙コップ等に入れて食べてるらしいです。
  最初はガツガツ食べるらしいですが、飽きてしまいますよね。
  それに太るし。
  業者は、そういうことも見越しているんですね。

・ トイレは、釣り銭を持ってその場を離れ、
  近くのコンビニコンビニやガソリンスタンドガソリンスタンド等の店や民家で
  借りることになっています。
  アイスクリンは有名なので、どこも嫌がらず貸してくれます。

・ 沖縄では小雨にわか雨が多いので、もし降ってきた場合は、
  とりあえず雨宿りをする場所を探すか、
  傘をさして雨雨がやむのを待ちます。
  相当激しい霧雨が降った場合は、もう誰も買いませんから、
  業者は営業中止を決定し、
  怪しいおじさんが黒いバン車(RV)で迎えに来ることになっています。

・ 少女1人の“留守番状態”なので、
  ナンパやセクハラをする不心得者むかっ(怒り)もやってくるのだとか。

・ 暇を持て余す時は、暇つぶしにマンガや雑誌、本本を読んだり、
  るんるん音楽を聴いたりして“店番”をしています。

・ 沖縄に住む外人にも認知されていて、よく買うそうです。


アイスクリン娘になるには?
・ 春頃からコンビニで売っているパート・アルバイト情報誌に
  「アイスクリン娘募集」が掲載されます。

・ 応募する場合は、まず無人の事務所に行って
  黒板に名前と電話電話番号を書くように指示されますが、
  特別な面接テスト形式はありません。
  先方から後日電話電話があって(身元が確かであることを確認して)
  採否が決定し、出勤日が決定します。
  なぜか、おデブさんやドコモポイントオカチメンタイコさんがいないので、
  どっかで隠れて目見ているのでしょうかexclamation&question

・ アルバイト当日は製造所に集合し、
  売り方やコーンに乗せる練習をし、
  それから人数分の売り道具一式を車(RV)バンに積み込んで出発します。

・ 黒い車(RV)バンで“店舗”を回る怪しいおじさんが、
  主要道路の適当な場所で1人ずつ降ろし、
  道具一式と昼食用弁当を渡されます。
  帰りはまた怪しいおじさんが黒い車(RV)バンでお迎えに来ます。


怪しいおじさんの緻密な戦略
・ 何と言っても、いたいけな少女に哀れさを感じてしまい、
  通り過ぎても気になってしまう。
  鼻の下を伸ばしたヤツは、まずエジキになるはずです。
  沖縄版ドライブスルーと言っても良いでしょう。

・ 業者の正式な会社名がよくわからず、
  「製造元は本島北部にある」、とか
  「ヤクザが経営している」とか、
  正体不明な神秘なところがあり、
  良い意味では月光仮面のようですね。

・ “店舗”の数百メートル手前に、
  ド派手な蛍光色の、
  上手とは言い難いアイスクリームが描かれた「予告看板」を
  ガードレールに取り付けてあるので、
  車(セダン)ドライバーは事前に店の存在を
  知ることができるようになっています。

・ 看板はド派手でも、商品はバニラ味1つなので、
  仕入れ・製造・在庫から考えても管理は楽なはずです。

・ ブランド名は「ビックアイス」「BIC ICE」で、
  商品名が「アイスクリン」のようです。
  シングルでもダブル(2段重ね)でも150円で
  何も言わないとダブルで出してきます。
  ブランド名はそこから来ているんですね。

・ 基本的に道路の両側に「対」に配置されます。
  車(セダン)ドライバーが対向車線側に“店舗”を見つけて食べたくなった頃、
  自車線側にも現れるように、
  絶妙な配置に計算され尽くしています。

・ 道路交通法では、道路での営業は禁じられていて、
  普通はなかなか許可が下りないのですが、
  「仮設「とか」移動」とかで許可を得ているんでしょうかexclamation&question


衛生面での心配
・ 一応「食品」で、人の口に入るわけですから、
  業者がどうやって製造したのかexclamation&question
  少女の衛生面での知識がどれくらいなのかは全く未知数です。

・ 高校、大学などの学園祭の模擬店とか
  祭りの露天と同程度の衛生面と考えて良いでしょう。
  まぁ、少女の可愛さに免じて、多少の下痢は許しましょう。

・ アイスクリンの衛生面より、
  「屋台のラーメン」の方が不衛生かもしれません。
  「屋台のラーメン」では、
  現金を触って、麺や具を触る、手洗いはどこでexclamation&question
  前の客の食べた食器をバケツの水で洗う、バケツの水の交換はexclamation&question
  という問題がありますからね。

おっと、あまり細かいことを考えると、ザビエル頭になっちゃうから
止めときましょうexclamation×2



posted by RIU at 19:23| 沖縄 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄といえば「食事」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

沖縄といえば「アイスクリーム」!〜その2

おっぱ・のぼり旗.jpg
許田売店.jpg
アイスクリーム.jpg
ジェラート各種.jpg
セット.jpg
牛乳.jpg


10月20日 沖縄といえば「アイスクリーム」!〜その1

沖縄県内のアイスクリーム
1. フォーモストブルーシール(株)
終戦3年後の1948年(昭和23年)、
沖縄の米軍基地の中で扱い出したアメリカ産アイスクリームで、
沖縄では最も古く愛着がありますが、
1996年(平成8年)ポッカコーポレーションに株式を譲渡して、
ポッカグループの傘下に入り現在に至っています。

2. サーティワン
本島の3ヶ所だけで、苦戦中です。

3. ハーゲンダッツ
私が知っている限りでは、
那覇市久茂地のパレット前の1店舗だけです。
   直営店ではなく、フランチャイズ店です。
   加盟料金300万円と工事費用(内外装費+設備一式)で、
   「約3千万円くらいの投資をしている」と思われますが、
   沖縄では全国一律価格は高すぎると見えて、
   店内はガラ空き状態で、大赤字のはずです。
   ロイヤリティが毎月の売上の3%だし、
   仕入れは当然フランチャイズ本社からになりますから、
   もういつ閉店してもおかしくないのではexclamation&question

4. スターフルーティアイスクリーム
   おきなわワールド(玉泉洞)のオリジナルアイスクリーム
   県内では大きな観光施設(鍾乳洞がある)です。
   この施設については、
   「観光」のテーマのときに詳しく書きたいと思います。
   ここのアイスクリームの売れ行きは芳しくないはずで、
   苦戦中とみました。

5. (有)ユートピア牧場  
   北谷(ちゃたん)町に直営店もあって、大繁盛exclamation
   いつでも大混雑で、美味しいです。

6. 玉城牧場「ミルク工房」
  玉城牧場のEM牛乳を原料にしたアイスクリーム
  直営店と思われる簡易プレハブの販売所が、
  南部を中心としてあちこち(本島7ヶ所)にあります。
  ピンクの看板やノボリ旗がケバいし、
  玉城牧場自体、汚い牧場だし、
  EMと言っても、牧場を見た人は引いてしまいます。
  販売所の立地条件もイマイチなこともあって、
  混んでいるのはOPEN当時だけでした。
  ここも苦戦中exclamation

7. おっぱアイスクリーム(おきなわンじぇらーと)
  有限会社おっぱ乳業のアイスクリームです。
  今日の画像は、全部こちらのです。
  「おっぱ」というと変な名前ですが、
  乙羽(おっぱ)岳という山のふもとに会社があるので、
  その地名なんです。
  本部半島の酪農農家から生乳を買って
  殺菌などの加工処理をして牛乳を生産している会社で、
  乳牛は飼っていないはずですよ。
  本島北部の名護市という沖縄自動車道北部終点出口のところにある
  許田(きょだ)という道の駅で、最初牛乳からスタートしました。
  この牛乳もコクがあって、沖縄では最高に美味しいです。
  アイスクリームやソフトクリームも、私は沖縄では一番好きです。
  県内では最も大繁盛、と言って良いのではないでしょうか。

8. ビッグアイス アイスクリン
  沖縄に来た人は、買ったことがなくても誰でも知っている、
  沖縄らしい「アイスクリン」。
  これについては、次回書きたいと思います。


(注)上記は、アイスクリーム専業のところです。
   アイスクリームやソフトクリームは、
   マクドナルドやケンタッキー、ロッテリア、A&W等ファミレス、
   一般レストラン・売店などにもありますが、
   それらは専業でないので外してあります。

posted by RIU at 17:55| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄といえば「食事」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月20日

沖縄といえば「アイスクリーム」!〜その1

ブルーシール・シンボル.jpg
ブルーシール正面入り口.jpg
ブルーシール製品.jpg
ブルーシール・セット商品.jpg
ブルーシール・ロゴ.jpg

沖縄というと、
・ 青い空
・ 青い海
・ 白い砂浜
を連想し、
亜熱帯気候=夏=ハイビスカス=アイスクリーム
と考えがちですが、
実は…

平成16年度 1世帯当たりアイスクリーム支出金額
都道府県庁所在都市別1世帯当たり年間支出額ランキング
1.  金沢市   8,789円
2.  松江市   8,503円
3.  長野市   8,497円
4.  川崎市   8,338円
5.  新潟市   8,252円
6.  熊本市   8,157円
7.  宇都宮市  8,106円
8.  福岡市   8,044円
9.  奈良市   8,040円
10. 福島市   8,008円
11. 横浜市   7,931円
12. 大分市   7,903円
13. 富山市   7,743円
14. 福井市   7,675円
15. 長崎市   7,564円
16. 山形市   7,509円
17. 東京都区  7,496円
18. 盛岡市   7,491円
19. 津市    7,490円
20. 鹿児島市  7,253円
21. 宮崎市   7,140円
22. 仙台市   7,129円
23. 静岡市   7,126円
24. さいたま市 7,099円
25. 高知市   7,055円
26. 山口市   7,052円
27. 水戸市   7,047円
28. 千葉市   6,972円
29. 岐阜市   6,943円
30. 青森市   6,909円
31. 神戸市   6,898円
32. 徳島市   6,829円
33. 高松市   6,793円
34. 鳥取市   6,778円
35. 佐賀市   6,776円
36. 岡山市   6,720円
37. 大津市   6,704円
37. 大阪市   6,704円
39. 名古屋市  6,636円
40. 甲府市   6,626円
41. 札幌市   6,572円
42. 秋田市   6,570円
43. 前橋市   6,458円
44. 広島市   6,417円
45. 松山市   6,313円
46. 和歌山市  6,288円
47. 京都市   6,175円
48. 北九州市  5,810円
49. 那覇市  4,644円もうやだ〜(悲しい顔)

これは、総務省・家計調査のデータですが、
那覇市でなく沖縄県で考えると、もっと金額が下回るはずです。

画像は、沖縄最大のアイスクリームメーカー「BLUE SEAL」
なのですが、
上記のランキングを象徴しているように、
1996年にポッカコーポレーションに株式譲渡されて、
現在は名前はそのままですが、
ポッカグループの傘下に入っているのです。

ちなみに、“味”もマァマァで、
「すごく美味しい」というほどでもありません。もうやだ〜(悲しい顔)


追記:(コメントを戴き、有難うございました)
日本では、地方公共団体と呼ばれる47都道府県と
2300を越える市町村があります。

川崎市は県庁所在地ではありませんが、
全国で14ある政令指定都市の1つに指定され
大都市の扱いを受けていること、
総務省家計調査のデータにも47都道府県庁所在地に
川崎市などを加えたデータが出ていること、
日本アイスクリーム協会のデータには川崎市のデータが付記されていたので、
47+1のままでランキングしました。

1位の金沢市の金額が間違えて記載しましたので訂正しました。

追記の追記(何度もご指摘有難うございます)
順位を訂正しました。
あわてて作成したので、見直さないで掲載してしまいました。


posted by RIU at 21:19| 沖縄 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄といえば「食事」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

美肌効果の「バナナジェル」〜その3「輸入バナナジェルとの比較」

ジェル7日目.jpg
ジェル6日目.jpg
ジェル3日目.jpg
ジェル2日目.jpg


10月13日 美肌効果の「バナナジェル」〜その1
10月14日 美肌効果の「バナナジェル」〜その2「作り方」

島バナナと輸入バナナのジェルの比較テスト(経過)
画像は4枚ありますが、上から
2日目、
3日目、
6日目、
7日目(今日)
です。

撮影した時間帯や、電灯のかげんで微妙に違って見えますが、
どちらもジェルを作った日から、今のところ変化がないようです。

どちらもラップをかけて、冷蔵庫で保管しています。

変化があるまで、続けようと思いますが、
次回は変化が出始めたときに掲載する予定です。

輸入バナナは、
・ 「農薬」栽培
・ 出荷時の「ポストハーベスト」
・ 日本到着時の「くん蒸処理」
で、汚染されていますから、
今後、仮に色調的に変化がないとしても、
とても安心して顔に塗ることなんて、できないと思います。

“毒エキス”を塗りたくるのと同じですからね。

posted by RIU at 19:20| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バナナジェル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

沖縄といえば「ローゼル」!

051018ローゼル市場.jpg
051018ローゼル市場2.jpg
051018ローゼルの花.jpg
051018オクラの花.jpg
051018ケナフの花.jpg

ローゼルの栽培は近年沖縄県内各地で見られるようになりました。
秋に入り、地元市場にもローゼルが出始めました。
那覇空港2階のお土産店では、
地元価格の3倍以上の暴利で売られています。

ハイビスカス属ですが、トロピカル色のハイビスカスではなく、
同属の「ローゼル」という
別の植物(アジア、アフリカの熱帯地方に自生する一年草の低木)で、
オクラやケナフの仲間なんです。

画像の下から3番目はローゼルの花ですが、
下から2番目はオクラの花、
一番下の花は、ケナフの花です。
見た目は何となく似ているでしょう。

ハイビスカス属なので、
誤って“ハイビスカスティー”として売られていることが多いです。

ローゼルの種類は改良による交配種や変種が研究開発され、
現在では100〜150種類と言われています。

原産地が熱帯地方のため高温の気候を好みます。


アオイ科ハイビスカス属(芙蓉属)
学名:Hibiscus sabkariffa

和名:ロゼリソウ

英名:roselle, sozella, red sorrel
ローズ(バラの花)からネーミングされています

原産:アフリカ

生食:若葉をサラダにして

煮食:カレーの材料や各種煮物、炒め物など

飲料:健康飲料としてハーブティーやジュースは世界中で飲まれています。
ハーブティーは乾燥させた果実にお湯を注いで楽しみます。
天然の酸味成分や豊富なミネラル類が体の新陳代謝を高め、
スポーツによる肉体疲労や仕事などによる
眼精疲労の回復に有効と言われます。
マラソンで有名なエチオピアのアベベ選手は
栄養補給ドリンクとして、
ローゼルのハーブティーを利用していたそうです。
ローゼルは、赤ワインのような色合いで爽やかな酸味の
ハーブティーとして、人気の高いティーですが、
そのままでは酸味だけで味がないので、
砂糖を加えることで、甘酸っぱくなります。
台湾では「洛神茶(ロクシンティー)」がローズティーのことです。
タイの王室では国賓をもてなすための飲み物として
ローゼルティーが選ばれています

食品:ジャムやゼリー
リンゴ酸が多いのでリンゴと合います
ブラジルの日系人は酸味のあるローゼルティーを
梅干代わりに飲んで,「草梅」と呼んでいるようです。
種子から油を採ることもできます

有効成分:アントシアニン系色素、リンゴ酸、クエン酸、アミノ酸、
ビタミンB・C、鉄、カリウム、カルシウム、マグネシウム

効用:
赤紫のガクには特にアントシアニン成分(赤い色素)が多く、
・ 運動疲れ
・ パソコンの疲れ目
・ 二日酔い覚まし
・ 夏バテ防止・疲労回復
・ 煙草の吸い過ぎ食べ過ぎ
・ 便秘
・ ダイエット効果
・ 美肌効果
・ 利尿効果(強アルカリ性のため)
・ 活性酸素の生成を抑制する効果
・ 血液を浄化する効果

環境:ケナフと同じようにCO2削減に一役、地球温暖化に二役も

繊維:茎は強靭な繊維質で布地にも利用

紙: 釜野方式による紙すきで簡単に葉書類が作れます。学校教材に最適

工芸:クラフト(手芸・工芸品)作り

染料:染め物の歴史は古いようです

医療:血圧を一定に保ってくれる効果があり、高血圧の人の血圧を下げて,
低血圧の人の血圧はそのまま維持することで、
ドイツでは医薬品として研究中です

主要生産国:タイ産は品質が良いとされ、
ドイツやアメリカ向けの輸出が増え、
世界最大の生産国と言われています

着色:天然着色剤として有名です

添加:自然食品添加物(パンや麺類)として使われることが増えてきました

種油:古くは灯火用に使われていました

飼料:種油を絞った後の粕

肥料:堆肥(自然醗酵による有機肥料)

炭: 活性炭・土壌改良炭


ローゼルの花は、一日花ですので、夕方には萎んでしまいます。

ローゼルは、開花後、花びらが落ち、
がく片が赤く膨らんで、約1ヶ月で熟します。

その赤いがくを乾燥させたものを、利用します。

この赤い色素成分はアントシアニンですから、
1ヶ月以上太陽の下に置いておきますと,色が褪めてしまいます。


沖縄での取組み
沖縄の“長寿伝説”は崩れ、食文化は乱れているのですが、
沖縄の亜熱帯気候で栽培可能の「伝承薬草ハーブ類」が
本土で評価されていることもあって、
・ 予防医学的な役目も果たす食文化を全国へ発信し
・ エコツーリズムから発見する各地の香りの世界を楽しみ
・ 芳香療法・園芸療法を学び
・ ハーブが持つ無限な楽しみを得る情報基地として
という、取組みが出てきました。

ローゼルの栽培については、
発芽温度が高くて、寒さに弱いので
沖縄・小笠原が露地栽培の北限と言えます。

草丈の高さが2m近くになり、
真っ赤な花(胞・萼)は沖縄の暑さがさらに赤さを加速させます。

ローゼルは茎・根から花まで利用できます。

ローゼルはフレッシュ(生)とドライ(乾燥)どちらでも
利用方法がありますが、
ドライにすると長持ちし加工がしやすくなります。

ローゼルは一反当たりの収穫量も多く、
商品の多様化も望めるハーブとして注目されつつあります。

1本のローゼルを重量比で分けると、
根・茎・葉・胞が約2500gあり、
これを根・茎・葉に分けると約1600g、
胞・萼(種を含む)の部分は約900gありました。
(実際には、次から次に開花するので、もっと多く収穫できます)

(胞・がく)と中の(種)との重量比は約7:3であり、
(胞・がく)は約6〜7g、
(胞・がく)を乾燥させると重量は約1/10に減ります。

中には30個の種が入っており重量は約1gです。

この種から油を抽出することができます。

ひまわり油等と比較すると、かなり低い抽出率ですが、
油はごま油に似た香りがします。

ローゼルでかなり手間取るのは実(胞)の収穫と種の摘出で、
この収穫装置と種とり機械装置を開発すればかなりコストダウンが図れ、
多くの商品開発が可能となりそうです。

ローゼルは
・ 連作ができない
・ 風(台風)に弱い
・ 油虫が付きやすい
等の問題がありますが、施設型栽培による解決策等があり、
沖縄での栽培化は複合的栽培の1つとして可能性があると思えます。

posted by RIU at 23:17| 沖縄 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 沖縄といえば「花」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

沖縄と言えば「沖縄そば」!

沖縄そば.jpg
沖縄そば看板.jpg

今日は「沖縄そばの日」です。

沖縄そばの歴史
中国から沖縄に麺類が伝わってきたのは、
今から400〜500年前と言われています。

薩摩藩の島津家久が琉球を侵略したのが1609年ですから、
それ以前の「古琉球時代」になります。

中国から三線(さんしん)が伝えられ、
それまで生活の中の感情表現を即興詩にして歌っていたものに
楽器が加えられて「琉歌」が確立し、
あの独特の音楽が生まれたのが14世紀後半と伝えられていますから、
この後、琉球王国が東南アジアの国々とも交易を始めて
東南アジアの中継貿易国として
その名をヨーロッパにも「レキオ」または「ゴーレス人」として広めた
“大交易”の頃に中国から麺類が伝わって来たことになります。

その後、永い年月の中で手が加えられ、
琉球王国宮廷料理としての「支那そば」が確率されました。

当時の具は、赤肉(豚肉)とネギというシンプルなものだったようです。

明治時代になっても「沖縄そば」は一部のお金持ちの食べ物で、
一般庶民に親しまれるようになったのは戦後になってからなのです。

「沖縄そば」と呼ばれたり、
現在の具の定番三枚肉(豚ばら肉)・かまぼこ・ネギが確立されたのも
戦後になってからです。

 「明治時代の廃藩置県の後、
  その時代の中心地であった那覇の上之蔵、西町、東町、辻辺りを
  発祥として“そば屋”が始まった」
とされていますが、
明治時代は高級料理の1つだったことからすると、
戦後米軍からは小麦粉が手に入りやすい環境にあったことで
「そば屋」を始める人が増えたのではないでしょうか。

安く気軽に短時間で食べられることで、
市場や交通の拠点にも“そば屋”が登場し、
一般庶民に広まったものと考えられます。

沖縄版ファーストフードといったところでしょう。

現在では自宅でもつくれる環境にありますが、
やはり外に食べに行くという形が根強いようです。

沖縄県民にはそば好きが多く、
どこそこのそばやがおいしいと聞けば、
南部だろうが、北部だろうが、車に乗ってでも出かけていきます。


10月17日は、そば粉を使用していない「沖縄そば」が
正式に認められた記念日

沖縄そばは、“そば”(方言では「すば」)という言い方をしますが、
「日本そば」とは全く違います。

「そば粉」が全く入っていないんです。

100%メリケン粉(小麦粉)なんですね。

メリケン粉は、駐留米軍から支給された“粉”なので、
アメリカ=メリケンからきた粉という意味なんです。

スープも、カツオ、昆布、豚骨、鶏骨などを使いますから、
どちらかというとラーメンに近いです。

1972年(昭和47年)に日本に復帰して、
・ 車の進行方向が右と左に逆になったり
・ 通貨がドルが円になったり
・ 本土との行き来にパスポートが要らなくなったり
・ NHK受信料が発生したり
急速に日本の流儀に染められていったのですが、
ここで、「沖縄そば」に対し、
公正委員会が立ちはだかることになったんです。

公正競争取引規約によると
 「そば粉を30%以上混合していないものは
  “そば”とは表示してはならない」
とあって、
 「そば粉を使わない小麦粉100%の沖縄そばは、
  “そば”ではない、表示違反だexclamation
と、復帰4年後の1976年(昭和51年)に
公正取引委員会から指摘されたのです。

この前年の1975年(昭和50年)に設立された沖縄製麺協同組合が、
「永年、県民に広く親しまれてきた沖縄そばの名称を何とか残したい」
と各方面に
「名称存続に向けての運動」
を奔走した結果、
1978年(昭和53年)に公正取引協議会が
「生めん類の表示に関する公正競争施行規則」別表で
正式に「本場沖縄そば」として呼称認可したのが
10月17日なんです。

1978年(昭和53年)はこんな年でした
・ 新東京国際空港(成田空港)開港
・ 日中共存「日中平和友好条約」調印
・ 自動焦点カメラ「ジャスピンコニカ(小西六)」登場
・ インベーダーゲーム登場
・ フロントホックブラ発売
・ ピンクレディー「UFO」、「サウスポー」、「モンスター」がヒット

日本全国で地域特産或いは、名産品としての販売されている麺は
たくさんありますが、
その中で全国生めん類公正取引協議会が
正式に特産品として認めた品は意外に少なくて、
全国でもわずか9品目に過ぎないのです。

「沖縄そば」が、この公認リストである全国麺類名産特産品に
名を連ねたのも10月17日なんです。

全国麺類名産・特産品と認められているのは下記の9品
・ 本場サッポロラーメン
・ 特産信州そば
・ 山梨ほうとう
・ 名古屋きしめん
・ 本場出雲そば
・ さぬき名産うどん
・ 名産長崎炒麺(ちゃんぽん)
・ 名産長崎チャンポン
・ 本場沖縄そば

「沖縄そば」に“そば粉”が入っていなくても、
特別に「そば」という名称が許可されている理由は、
沖縄での“歴史と伝統”が認められたからです。

1987年(昭和62年)に
「沖縄そば、本土移出正式認可」
が出て、
沖縄県のシェア過半数を超える「サン食品」が、
初めて本土市場に参入しました。


沖縄そばの定義
・ 麺は、小麦粉と塩、そして「かん水」
  もしくは「灰汁(あく)」を使います。
・ ダシは、基本的に豚骨、鶏骨とカツオ、昆布です。
・ オーソドックスな「沖縄そば」は
  豚の三枚肉、沖縄かまぼこ、ねぎ、紅しょうが
  トッピングされています。
・ 薬味として、コーレーグースを少しかけると、
  風味がグンと良くなります。
  コーレーグースは泡盛に島唐辛子を漬け込んだ香辛料です。

沖縄そばには、この基本型以外に
・ ホロホロになるまで煮込んだ軟骨ソーキをのせた「ソーキそば」
・ コラーゲンたっぷりで美容効果の高い豚足を加えた「テビチそば」
・ 炒めた野菜を乗せた「野菜そば」
等や、麺の太さ(細、大、中太、平、丸など)や
スープの濃度(あっさり、こってり)など多岐に及んでいます。


また、地域により「沖縄そば」、「宮古そば」、「八重山そば」に
大別されます。

・ 宮古そばは、麺が沖縄そばの麺と比らべ少々細めで、
  あまりねじれていません。
  具は、麺の中に隠れているのが特長です。
・ 八重山そばの麺も沖縄そばの麺にくらべ、少々細く、
  具には醤油味で炒めた豚肉とカマボコの短冊切りを乗せます。
  また、コーレーグースではなく、
  ヒハツ(島胡椒/ピバーチ、ピパーツなど呼び方はいろいろ)を
  かけるのが一般的です。


沖縄そばの「麺」
沖縄そばの麺は、国内では珍しい「噛む麺」であるというのが特徴的です。

「噛む」ということから連想する麺は、“スパゲティ”ぐらいでしょう。

また、沖縄そばだけでなく、
琉球染めや「がじゅまる」から出来た灰汁からは、
「がじゅまるはいゆう」という漢方薬など
灰汁をうまく利用した昔からの歴史があったのも特徴になります。


自家製麺の作りかた
重要なポイントは3点
・ 加水率
・ こねる時間
・ ゆで時間

1.強力粉と灰汁(あく)、食塩を混ぜる
  季節や天候のよって変化する湿度によって、加える灰汁は微妙に変わる
  強力粉全体に灰汁が行き渡るように、
  ふわっと空気を入れるように混ぜ合わす

2.全体的に灰汁が行き渡ったら、ビニールをかぶせ足で踏みこね、
  30分〜1時間生地を寝かす
  ただ力尽くで踏むのではなく、
  さらに全体的に灰汁が行き渡るようにする微妙な力加減が必要
  小麦粉の「グルテン」含有量が一番多いのが強力粉で、
  グルテンの特性として、こねればこねるほど
  モチモチッとしてくるのですが
  (その特性を充分に活かしたのがピザ生地やうどん等)、
  「沖縄そば」は、その特性を活かさないで作るのが特徴
  寝かせた生地を切り分け、製麺機に通るほどの厚みに伸ばす

3.製麺機でさらに伸ばし、そばの形状に切る
  完全な手こねの状態に近づけるため、
  出来る限り放射線状に伸ばしていく

4.くしゃくしゃっと手で揉み、ちぢれをつける
  これをすると出来上がりの時、スープと絡んで、
  ストレートの麺とはまた違った風味を感じる事ができるのです

5.茹でる
  お湯に入れ、一度浮いてきた麺をさらに湯の中にくぐらせ、
  全体で30秒から1分程でさっと茹でる
  熟練者によると、「茹で時間は、こねる時間とも深い関係がある」
  らしいです
6.食油をかけて、扇風機で一気に冷ます
  沖縄は平均気温22度、湿気83%以上という気候条件の下で、
  麺の表面に皮膜を張り直接空気に触れさせない、
  即ち日持ちをよくするための腐敗防止のためや
  麺同士がくっつかないようにするための“生活の知恵”で、
  おいしさがキュっと麺の内側に凝縮されるわけです
  その副産物として食油が麺に染み込み、
  麺自体に味があるというのも特徴の1つになっています

8.食べる時にはもう一度さっと茹でて油ぬきをする


スープ作り〜沖縄そばの完成
1.豚骨で出汁をとる
  豚骨は4〜5時間かけて、丁寧に脂分とアクを取りながら
  ゆっくり煮て、濁りのないだし汁を取る
  出来た出汁は冷まして冷蔵庫に入れ1日寝かせると、
  ラードと出汁が分離して“あっさり系”のスープになる

2.ラードを取り除いた豚骨ベーススープと、
  昆布とカツオベースのスープを6:4の割合で混ぜる

3.酒、みりん、砂糖、塩、醤油で味を整える
  この段階が、沖縄そばの「スープ」です
  醤油を使う割合が少量のため、
  見た目には透明に近いスープになることや、
  豚肉の旨味を引き出し、しつこくない味に仕上げられているのが特徴で、
  毎日食べても飽きのこない味わいになっています
  八重山では、味噌を入れる人もいます

4.麺を油ぬきするためさっと湯通しして、
  スープ、三枚肉、ネギ、紅生姜を盛りつけ、完成です

沖縄本島の麺は断面がやや丸型ですが、
宮古島の宮古そばは、名古屋のきしめんのように平形麺が特徴です


沖縄そばの「具」
具は豚肉(三枚肉)の味付けしたもの、
蒲鉾・錦糸卵・ねぎ・紅しょうが等です。

豚肉の味付けでは、
油抜きして必要な油脂量だけ残すように工夫されています。

また、最近、豚の骨付き肉を味付けしたもの「ソーキ」が多くなり、
そのままズバリ「ソーキそば」という名称で人気を呼んでいます。

沖縄そばは、麺・だし・具で三位一体を成していて、
盛りつけ方としては、そば・具の類が、
スープより上にきているのが一般的です。

posted by RIU at 21:44| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

沖縄といえば「お茶」〜その7「中国茶の歴史−A茶の始まりと変遷」

a href="http://okinawa-banana.seesaa.net/article/7704943.html" target="_blank">10月4日 沖縄といえば「お茶」〜その1「緑茶」
10月5日 沖縄といえば「お茶」〜その2「中国茶と日本茶の違い」
10月6日 沖縄といえば「お茶」〜その3「チャとティーの語源」
10月7日 沖縄といえば「お茶」〜その4「世界のお茶を製法によって4つに分類する」
10月8日 沖縄といえば「お茶」〜その5「中国茶の種類」
10月12日 沖縄といえば「お茶」〜その6「中国茶の歴史−@発祥と起源」

漢代〜三国時代〜晋代〜南北朝時代〜隋代

漢代(紀元前202〜AD220年)
まだお茶としての飲用としてではなく、
「薬」として扱われていました。

三国時代(220〜280年)
お茶が飲用として始まった、とされています。

茶道の開祖と言われている陸羽の「茶経」によって、
中国茶の歴史が始まりました。

それ以前は、文献がなく、はっきりしていません。

「三国志・呉志」の中に、「茶をもって酒に変える」とあり、
茶を飲料とした喫茶が広がり始めたことが明らかになっていることから、
三国時代にはお茶が飲料として飲まれていたことが分かります。

晋代(265〜420年)
お茶の産地が、四川省から各地へ広がってゆきます。

東晋の元帝の時代(322年)には、
安微省で始めて貢茶(皇帝に献上するためのお茶)があった、
という記録があり、お茶は上流社会での嗜好品とされていました。

南北朝時代(439〜589年)
四川省から湖北省、安微省、江蘇省、浙江省まで
お茶の産地が広がりました。

隋代(581〜618年)
一般社会でもお茶が飲まれるまで普及してきました。

posted by RIU at 12:02| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄といえば「茶」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

沖縄といえば「アテモヤ」!

市場のアテモヤ.jpg
アテモヤ.jpg
アテモヤの花.jpg

沖縄でも、まだ新しい果樹の実で、
市場にもなかなか出回りません。

沖縄での収穫時期は9〜2月で、まだ出始めですが、
年明けのものが美味しいと言われています。

“世界三大美果”というと
・ マンゴー
・ マンゴスチン
・ チェリモヤ
のことを指しますが、
このうちの1つ「チェリモヤ」は、
比較的寒さに強いのですが、暑さには弱く、
「バンレイシ」という果樹は、
暑さに強いのですが、美味しくないんです。

双方の欠点を改良するために
かけ合わせで作られたのが「アテモヤ」なんです。

3枚目の画像は「アテモヤの花」です。

「アテモヤ」というと変わった名前ですが、
沖縄方言ではありません。

アテモヤ(Atemoya)という名前も、
“バンレイシ”のブラジルでの呼び名「Ate」と、
“チェリモヤ(Cherimoya)”の後半「moya」を
単純にくっつけて、
「アテ・モヤ」となっているだけなんです。

「オテモヤン」と覚えたら忘れないかもしれませんね。

アテモヤはバンレイシ科植物で、
別名「カスタードアップル」と呼ばれています。
そんな風味があるから名付けられたのでしょう。

果実は常温で保存して、果実全体がやや黒みを帯び、
柔らかくなった頃が食べ頃です。

食べ頃になった果実を、
ラップで包み冷蔵庫で半日ほど冷やしてから食べると
美味しいと言われています。

果実の食べ方は、果実を包丁で縦に二分し、
果肉をスプーンですくって食べます。

肝心の味ですが、「マァマァ」という感じで、
残念ながら言われているほど美味しくなく、
「1度食べたら2度目はいらない」
というドラゴンフルーツのようなものです。

糖度は20〜25度あるので、甘さは強く感じます。

カスタードのような舌ざわりは、
好き嫌いが分かれるところでしょう。

栄養分は多く、果肉には
・ タンパク質
・ カルシウム
・ 繊維
・ 灰分 
・ 鉄分
・ ビタミン類
を豊富に含み,なかでもビタミンの一種,ナイアシンは
ミカンと比較すると6.5倍,鉄分は5倍と,
他の果物に比べて栄養がたっぷり入っているようです。

もう少し、美味しければ良いのですが…。もうやだ〜(悲しい顔)

食べなれているリンゴやミカン、バナナ等と比べると、
慣れない食感と食味ですから、
どうしてもハンディキャップがあるのかもしれません。
posted by RIU at 23:41| 沖縄 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | 沖縄といえば「果物」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

美肌効果の「バナナジェル」〜その2「作り方」

ジェル工程1.jpg
ジェル工程2.jpg
ジェル工程3.jpg
ジェル工程4.jpg
ジェル工程5.jpg
ジェル工程6.jpg
ジェル工程7.jpg
ジェル工程8.jpg
ジェル工程9.jpg
ジェル工程10.jpg
ジェル工程11.jpg

10月13日 美肌効果の「バナナジェル」〜その1

具体的な作り方

11枚の画像のうち、
1〜7枚目は「島バナナ」で、
8〜11枚目(下から4枚目まで)は「輸入バナナ」です。

「島バナナ」も「輸入バナナ」も作り方は全く同じで、
それぞれバナナ1本でジェルを作りました。

1枚目の画像
バナナを皮ごとぬるま湯でサッと洗う。

2枚目の画像
バナナの皮に、包丁で切り目を7〜8本入れて、
焼いたときに汁を出やすくする。

3枚目の画像
アルミホイルで舟形に包む。
全部包まずに、中が見えるように、少し空けておく。

4枚目の画像
オーブントースターで20分くらい焼く。
皮全体が黒っぽくなるまで焼く。

5枚目の画像
アルミホイルにたまった、半透明の汁をコップに移し、
10分ほど冷ます。

6枚目の画像
20〜25度の焼酎を、汁の2〜3倍加えて混ぜる。

7枚目の画像
「島バナナ・ジェル」の完成、ラップをかけて冷蔵庫に保管する。

8枚目の画像(輸入バナナ)
輸入バナナをオーブントースターで20分焼き上げ、出した状態。
汁が出ています。

9枚目の画像(輸入バナナ)
汁をコップに移す。

10枚目の画像(輸入バナナ)
汁を10分ほど冷ました状態。

11枚目の画像(輸入バナナ)
20〜25度の焼酎を、汁の2〜3倍加えて混ぜ、
「輸入バナナ・ジェル」の完成。

それぞれ、冷蔵庫で保管して、日にちの経過と共に
どう変化するか比較してみます。
posted by RIU at 16:54| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バナナジェル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

美肌効果の「バナナジェル」〜その1

051013完熟島バナナ.jpg
051013輸入バナナ.jpg

今年7月号の「壮快」という健康月雑誌に、
「バナナジェル」の特集
が出ていました。

・ シワが伸びた
・ シワが消えた
・ イボが取れた
・ 色白になった
という美肌効果がある、と書かれていました。

てれび博物館 それってホントexclamation&question 平成17年5月1日放送
早速、カミさんが挑戦しました。

結果は、「マァマァ」のようです。
確かに、美白効果はあるかも。

最初の画像は、農薬、除草剤を一切使用しない
沖縄の「島バナナ」です。
一見、腐敗しているように見えますが、
これでも“完熟“状態”なのです。

2枚目は、住商フルーツの「グレイシオ」、
フィリピンのミンダナオ島のプランテーションバナナです。

昨日JUSCOの水曜市で99円で買ってきました。

沖縄で農薬を一切使用しないで収穫したバナナが完熟すると、
すぐに黒くなり腐敗したように見えますが、
フィリピンで収穫したバナナは、
農園〜港〜海上輸送〜日本の港で検疫・くん蒸処理〜倉庫〜輸送〜店舗と
少なくとも収穫後2週間以上経過しているはずですが、
ご覧のように傷1つなく、黄色でツヤツヤで美味しそうに見えます。

不思議だと思いませんかexclamation&question

フィリピンやエクアドルから海上輸送して来たバナナが、
ツヤツヤで美味しそうだなんて。

私は異様な、不気味な色にしか見えません。

安全・安心がキャッチフレーズのように使われていますが、
新鮮かどうかも勿論大事なのですが、最も大事なのは
「どうやって栽培したのかexclamation&question
というこだわりの程度だと思うのです。

ミンダナオ島のプランテーションによるバナナ栽培は、
飛行機で農薬散布をしています。

同じ場所で同じ作物を栽培し続けることで、
特定の成分が不足してきます。

バナナであれば特にカリウムが不足します。

これを、農薬で補おうとする考え方です。

現地の貧しい農業労働者は、
手のひらや足の裏は農薬の後遺症で晴れ上がっています。

農薬まみれで栽培されたバナナを、港で出荷前に再度農薬を散布し、
日本に到着してから、さらに「青酸ガス」でくん蒸するわけです。

「壮快」で推奨したバナナジェルは、
汚染されたフィリピンバナナでも大丈夫なのでしょうかexclamation&question

「壮快」には、保存期間が4〜5日、
長くても1週間、と書いてありました。

これって、農薬やくん蒸の毒素が変色しているのではexclamation&question

カミさんは、沖縄の島バナナでテストしましたが、
島バナナは1ヶ月経っても変色しませんでした。

今回収穫したバナナと輸入バナナで色の変化がどうなるか、
比較実験をしてみたいと思います。

もちろん、輸入バナナの毒入りジェルは怖くて使いませんが。

具体的な作り方は、明日以降にご紹介したいと思います。

posted by RIU at 23:05| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バナナジェル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

沖縄といえば「お茶」〜その6「中国茶の歴史−@発祥と起源」

10月4日 沖縄といえば「お茶」〜その1「緑茶」
10月5日 沖縄といえば「お茶」〜その2「中国茶と日本茶の違い」
10月6日 沖縄といえば「お茶」〜その3「チャとティーの語源」
10月7日 沖縄といえば「お茶」〜その4「世界のお茶を製法によって4つに分類する」
10月8日 沖縄といえば「お茶」〜その5「中国茶の種類」


お茶の発祥と起源

世界各国で、今やふつうに飲まれているお茶ですが、
もともとは中国が発祥の地と言われています。

唐代に陸羽(リクウ)によって著された
「茶経(チャキョウ)」
によって、
紀元前数百年までさかのぼる「茶の歴史」が明らかになっています。

茶樹の原産地はベトナム、ミャンマー等と国境に位置する
雲南省西双版納(シーサンハンナ)をはじめ、
貴州省、四川省とされています。

起源伝説としては、今から5000年前に、
神農(シンノウ)という、
後に漢方薬の始祖として祀られる伝説の神が、
「山の中のあらゆる草木を食べて薬効があるかないかを区別した」
とされています。

その結果、
「茶の葉を噛むことで解毒作用がある」
と伝えられ、茶は最初に薬として利用され始めた、ということです。
posted by RIU at 23:15| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 沖縄といえば「茶」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。