2006年04月07日

沖縄といえば「ピタンガ」

ブラジル南部〜パラグアイが原産地で、
アセロラに似た赤い果実を付けます。

庭で、白い花が咲き始め、
数個の緑色の実が付いていました。
ピタンガのタ.jpg
(残念ながらピンボケになってしまいましたね)


確か5年くらい前に、
ボリビアの何かのキャンペーンに寄付して、
ポット苗を戴いたので、それを地植えしたものなのです。

「アセロラより美味しい」
と言われたので、
楽しみにしているのですが、どうでしょうかexclamation&question

「ピタンガ」とは、
ウルトラQに出てくる怪獣の名前のようですが、
ツピー語で「赤い果実」という意味だそうです。

正式名は、
「ピタンガ・タチバナアデク・
  スリナムチェリー・ブラジルチェリー」
という長ったらしい名前のようですから、
「ピタンガ」でいいのです。

ピタンガの白い花.jpg
白い花が咲くと、2ヵ月後に結実するようです。

実は、西洋カボチャを
赤い樹脂でミニチュアサイズにしたような形をしています。

アセロラはゴツゴツした形ですから、
形は「ピタンガ」の方が優しくて綺麗です。

果実は生食用ですが、
ジャムやゼリー、アイスクリーム等の
加工原料にもするようです。

赤い実になって、食べるのを楽しみにしています。

ピタンガの花とタ.jpg
posted by RIU at 12:18| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄といえば「果物」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。