2006年04月27日

バナナ園の様子

収穫を待つバナナー1.jpg
“島バナナ”の「マーサン種」が
次々に「房」を付け出しました。

バナナは、見れば見るほど不思議です。

「バナナ」は、
バショウ科の大型の多・生草本で、“草”なのですから。

織田信長が1534・に生まれた尊は
“群雄割拠”の時代で、戦国時代の幕開けの尊ですが、
ちょうどそのころ、沖縄では、
1532・の尚清王統の時代には
「芭蕉」が栽培されていたとされています。

現在の「バショウ」なのか「バナナ」なのか
はっきりとしていませんが、
1534・に冊封使(さっぽうし、
琉球国王に中国皇帝の勅書や王冠を授けるための使者)
として来流した陳侃という冊封正使の
冊封記録である「使琉球録」の中に、
「琉球の果村」として「芭蕉」の記載があって、
それ以前には、
「バナナ」が中国や東南アジアとの交易で、
琉球に導入されていたと考えられています。

開花直後の様子.jpg
バナナが花芽を出すときは、
言わば「自身の最期の集大成」です。

「一世一代の、1回の開花」
ですから、
バナナに対しては、敬意を表して見ています。

収穫を待つバナナ^3.jpg
次に託す子其(子株)を数本出して、
自分の役割を確認したかのように、
やがて自身のエネルギーを全て使い果たして
大きな「房」を付けると朽ちてしまうのです。

収穫を待つバナナ^2.jpg
バナナの生涯は、わずか1・半〜2・なのですが、
バナナからは、いろいろなことを教わります。

久々のバナナ園の様子でしたが、
バナナオーナーの方々には、
それぞれのバナナの生育他其を
小まめに配信していますので、
“重複”を避けているうちに、
ブログがおろそかになってしまいました。


posted by RIU at 15:17| 沖縄 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | バナナの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。