2007年01月26日

今日は「ムーチー(鬼餅)」の日

毎年旧暦12月8日に行われる“ムーチー”は、
仏壇や火の神(ヒーヌカン)に“ムーチー”をお供えして、
家族の健康や無病息災を祈願する、
厄払いの行事のことをいいます。

今年も、近所から“ムーチー”のおすそ分けを頂戴しました。
ムーチー070126-1.jpg

“ムーチー”は、
餅米粉を水で練って、
ムーチーカーサー(月桃の葉)や
クバの葉に包んで蒸したお餅で、
沖縄の薬草・月桃(沖縄方言では「サンニン」)の葉には、
独特の香りがあり、
出来上がったムーチーの香りは、
ほのかに月桃独特の香りがして、
とても美味しいです。

月桃は沖縄の薬草で、
・ 防虫
・ 防腐
・ 防カビ
・ 消臭
・ 抗菌

の作用がありますから、
先人の知恵で、昔から
餅(ムーチー)を包んで保存するのに
使われてきた伝統があります。

サギムーチーといって、小型のムーチーを、
子供の歳の数だけ縄で結んで部屋や軒下に吊るして、
子供の成長を祝う家もありますが、
最近見かけなくなりましたね。


参考記事
2006年1月 7日 今日は“ムーチー”の日
2005年6月27日 沖縄といえば「月桃」

ムーチー070126-2.jpg

「ムーチーの日」の時期には
「ムーチービーサ」と呼ばれる
沖縄で一番の寒さに見舞われるといわれていますが、
今日の沖縄の午前10時の気温は19.4度もあり、
ポカポカ陽気の晴天になりました。

posted by RIU at 10:54| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄といえば「行事」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

沖縄では、冬でもバナナが生ります!

昨年の今頃は、
本島北部北部では霜が降りるほど、冷え込みましたが
今年の沖縄は、暖かい正月を迎えることが出来ました。

午後12時現在の気温は、22.2度と、
昨日の同時刻より1度低いのですが、
夜中の豪雨が去って、昼前から時おり日差しも出て、ポ
カポカ陽気になりました。

自宅のミニバナナ園でも、
4本のボリビアバナナの果房が生育中です。

 070102ボリビア1.jpg

沖縄では、1年中バナナ栽培が可能ですが、
バナナは熱帯植物ですから、
5月〜10月という沖縄の台風シーズンが
バナナの“旬期”にあたります。

 070102ボリビア2.jpg

この時期は、沖縄の夏季にあたり、
サンサンと降り注ぐ太陽の光(てぃーだ・かんかん)を
一杯に浴びたバナナが美味しいのです。

 070102ボリビア3.jpg

今頃、果房がなるということは、
“てぃーだ・かんかん”ではない弱い日差しを浴びて
開花したバナナですから、
夏季のバナナに比べると、味は落ちてしまうのです。

 070102ボリビア4.jpg

それでも、輸入バナナよりは、断然美味しいですよ。

posted by RIU at 12:43| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。