2007年04月30日

自宅のミニバナナ園でバナナゾウムシの成体を確保!

花芽が出そうで出なかったボリビアバナナは、
バナナゾウムシの幼虫が仮茎や葉軸に
入り込んだことが原因と判ったのですが、
どうも、それ以降、
他のバナナの生育が悪いように疑心暗鬼になり、
バナナの葉の裏側の葉軸の付け根部分に
穴が開いているかどうかや
透明な樹液が出ていないか、
ミニバナナ園内のバナナをCHECKしたところ、
該当したのが数本ありました。もうやだ〜(悲しい顔)

070430ゾウムシ1.JPG

「透明なドロドロ樹液が出ているバナナには、
 間違いなくゾウムシが棲み付いている」

という仮説をたて、
その検証のために、
今日は、その中の1本、
透明な樹液が出ている、まだ若いバナナの葉を
切ってみることにしました。

070430ゾウムシ3‐1.JPG

バナナの葉を切る前に、
たまたま、古い枯れたバナナの葉を下に引っ張ると、
裏側からいろいろな虫が現れました。

070430ゾウムシ3‐2.JPG

よくみると、上から
 ・ ミミズ
 ・ マイマイ

 ・ バナナゾウムシの成虫(頭が下向き)
です。もうやだ〜(悲しい顔)

070430ゾウムシ4‐1.JPG

070430ゾウムシ4‐2.JPG

ゾウムシの大きさは15mm(1円アルミ硬貨の直径は20mm)で、
「(チャバネゴキブリ+カブトムシ)÷2」
のような形をしていて、
翅(はね)があることがわかります。

この翅(はね)で、あちこち飛び回って、
バナナに卵を産みつけるようですね。もうやだ〜(悲しい顔)

070430ゾウムシ5.JPG

バナナゾウムシの成虫を発見してしまって、
ひどく落胆してしまいましたが、
予定通り、“仮説”の検証のために葉を切って、
中を確かめてみることにしました。

070430ゾウムシ6.JPG
   バナナの葉をカットした後の様子です。

070430ゾウムシ7ー1.JPG
   カットした葉

070430ゾウムシ7−2.JPG
   葉軸の裏側の付け根部分をさらに裂いてみます

070430ゾウムシ7‐3.JPG

バナナゾウムシの幼虫に葉軸の中を喰われた後はありますが、
ゾウムシの幼虫は残念ながら“不在”でした。

昨日、バナナの葉に開いている穴から
「にがり+島唐辛子入り木酢液+月桃入り木酢液」
を注入したことで家出したのか、
ちょうど、孵化したのが、
先ほど発見したゾウムシ成虫だったのかもしれませんね。もうやだ〜(悲しい顔)

成虫を確保できたことで、
何が効くのか、
いろいろ実験をしてみようと思っています。

4月19日に収穫したボリビアバナナを渡辺様や
東京の阿部様、札幌の石川様に
カットしてお送りしたのですが、
そのバナナの最下段だけ我が家で“追熟”したところ、
どうもしなびたり、味がイマイチだったりして、
お送りした方々にはご迷惑をおかけしたのですが、
このバナナにもゾウムシが発生していたことで、
充分な栄養が果実に
行き渡っていなかったのかもしれませんね。もうやだ〜(悲しい顔)


070422ハイビスカス4.JPG
  4月20日に糸満市うまんちゅ市場(JAイベント)で
    撮影したハイビスカス

posted by RIU at 12:25| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バナナの病害虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

ナハバナナ園のモンキーバナナ

昨日、4月28日(土曜)に伺ったナハバナナ園の続報です。

スーパーでよく見かけるモンキーバナナは、
沖縄では島バナナと混同されています。

果実の形や大きさがそっくりだからです。

070428モンキーバナナ.JPG
 デジカメの設定がフラッシュを焚かないように
     なっていたので暗くなってしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)


那覇市内の悪質なお土産屋さんでは、
輸入のモンキーバナナを島バナナと称して
高値で売られていることがありますが、
これは果実が付いている果軸の大きさで
簡単に見分けが付きます。

輸入バナナは、
輸送コストを削減することと、
嵩(かさ)を小さくするために
不要な果軸部分を出来る限り小さく切り取っていますが、
沖縄の島バナナは、
収穫するときに果実に傷をつけないように、
果軸を大きめにカットしてあります、
“大ざっぱ”という言い方も出来るでしょう。


ナハバナナ園の飯塚社長によると、
モンキーバナナは島バナナと違う品種で、
果実の形や大きさは似ているものの、
モンキーバナナの果肉は黄色く、
島バナナの果肉は白い、

という説明を受けました。


070428ハイビスカス.JPG
  東風平のアグリハウスで売られていたハイビスカス
posted by RIU at 10:46| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ナハバナナ園(豊見城市伊良波) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

ナハバナナ園に伺いました

今日、4月28日(土曜)のお昼ごろは
一時的に暴風雨台風が吹き荒れていましたが、
その間、ナハバナナ園に伺いました。

タイミングよく飯塚久夫社長もいらして、
バナナ論を伺うことができました。


今日は、千成バナナが吊るしてありました。

070428千成バナナ1.JPG

房の長さは2m前後もあるのですが、
飯塚社長によると、
 ・ 果実が小さい
 ・ 皮が厚い
 ・ 食べられる実が小さい

ことで、
「食べられるが面倒」
ということでした。

070428千成バナナ2.JPG
   果実は、ちょうど小指くらいの大きさでした
posted by RIU at 17:34| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ナハバナナ園(豊見城市伊良波) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

4月19日に捕獲したバナナの害虫のその後

4月19日に捕獲したバナナゾウムシらしい幼虫と
ミノムシ状のサナギの5日目の続報です。


070424ゾウムシのサナギ?−1.JPG

その後、別々の容器に
捕獲したときの棲みか(=バナナの葉)と共に
幼虫とサナギを入れて監禁していたのですが、
バナナの葉の中に潜んでいたのに、
捕獲後は台所の明るい場所に
容器を置いて観察していたことがマズかったのか、
幼虫は死んでしまいましたが、もうやだ〜(悲しい顔)
ミノムシ状のサナギは、
エサを食べない時期にさしかかっていたようで、
まだ生きています。

大きさは、約1.5mmです。

070424ゾウムシのサナギ?−2.JPG

サナギは、やや黄色みがかって、
なんとなくゾウムシ特有の
とがった頭になりつつあるようにも見えます。

070424ゾウムシのサナギ?−3.JPG

今日の撮影は、バナナの葉の上で行いましたが、
カブトムシの幼虫のような動きをしていました。

070424ゾウムシのサナギ?−3.JPG

なんとか、成虫まで生存してくれれば、
虫の名前も明らかになるのですが…
posted by RIU at 12:32| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バナナの病害虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

三尺バナナとブラジルバナナ

先週の20日(金曜日)に、
西原町の玉那覇コーヒーに伺いましたが、
ここでは、
 ・ 調理バナナ
 ・ 三尺バナナ
 ・ ブラジルバナナ
 ・ 島バナナ

が、
おそらくコーヒー栽培の遮光の目的で栽培されていました。

ブラジルバナナは樹高が高く、
島バナナに匹敵し、果房の位置も、
手を伸ばしても届かない高い位置にあり、
台風の影響や収穫がしにくいことを考えると、
少し遠慮したいバナナです。

070420ブラジルバナナ.JPG
画像は、光が入ったために、
肝心の果房が陰になってしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)

三尺バナナは、対照的に樹高が低く、
仮茎の先端部分(果軸の根元部分)の高さが約1m60cmで、
樹高が低いことで台風の影響も免れやすいことや
収穫しやすいことが利点のようです。

070420三尺バナナ.JPG

私が今までに見たバナナの樹高の低さは、
イスラエルバナナが最も低く、
その次が三尺バナナです。

070420三尺バナナ2.JPG

posted by RIU at 17:58| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バナナの基礎的な知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

パッションフルーツの苗と花

昨日、今日と、糸満市のJA系市場(うまんちゅ市場)で、
JAのイベントが行われていました。

何を買うでもなく、2日間行って、
結局何も買わずに、
いろいろな花や果樹などをデジカメで撮影しただけでした。もうやだ〜(悲しい顔)

070422パッションフルーツの苗木.JPG

パッションフルーツの苗木も315円で売られていて、
ちょうど花が咲いていたものもありました。

070422パッションフルーツの花.JPG

花は、見るからに「時計草」ですね。


過去の参考記事
2005年7月10日 沖縄といえば「パッションフルーツ」
2006年4月28日 沖縄といえば「パッションフルーツ」A

070422パッションフルーツの果実の断面.JPG

posted by RIU at 22:40| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄といえば「果物」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

ボリビアバナナとブラジルバナナの形状の違い

昨日、西原町の玉那覇様のコーヒー園を訪ねて、
調理バナナを1房丸ごと頂いたのですが、
同時にブラジルバナナの1カットも頂きました。

我が家のミニバナナ園では、
19日(木曜)にボリビアバナナを収穫して
“追熟”中ですから、
両者を鴨居に吊るして形状比較をしました。

070421ボリビアバナナ1.JPG
   ボリビアバナナ

070421ブラジルバナナ1.JPG
   ブラジルバナナ

全体的な大きさでは、
ボリビアバナナの方が大きく、
形状的には、ブラジルバナナの果実の
先端部分が細くなっていることが判ります。

070421ボリビアバナナ2.JPG
   ボリビアバナナ

070421ブラジルバナナ2.JPG
   ブラジルバナナ


昨日頂いたブラジルバナナは、
収穫直後ではなく、日数を置いてあるために、
“追熟”されていて、もう黄色がかってきました。


色合い的にも、
ブラジルバナナの方が黄色くなって完熟するのに対し、
ボリビアバナナは黄色みを帯びて、
まだ黄緑色が残るような状態で完熟になります。

「バナナが黒く汚い」
ように見えるのは、
バナナの果実の先端から出る樹液が飛び散ったせいで、
確かに外見は悪いのですが、
除草剤や農薬を使っていませんし、
青酸ガスによるくん蒸処理もされていませんので、
中身にはまったく影響されていませんから、
気にしなくても大丈夫なのです。


posted by RIU at 11:19| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バナナの基礎的な知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

調理バナナを頂きました!

今日は西原町の玉那覇様のコーヒー園を訪ね、
調理バナナを頂いてしまいました、
しかも1房まるごとです。わーい(嬉しい顔)

070420収穫後の調理バナナ.JPG


調理バナナの果実は、
昨年、玉城の花野果村(市場)で買ったことがありましたが、
バナナの姿は見たことがなかったのです。

参考記事
2006年8月21日 調理用カルダババナナを初めて買いました 
2006年9月 3日 調理用カルダババナナに種が

070420調理バナナ1.JPG

玉那覇様のコーヒー園の中央付近にあった調理バナナは、
背が高く、仮茎も細くて、
島バナナによく似ているバナナでした。

070420調理バナナ2.JPG

posted by RIU at 19:21| 沖縄 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 栽培日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

バナナの害虫を捕獲!

花芽が出そうで出ないボリビアバナナの続報ですが、
いくらなんでも、遅すぎる
と思い、
バナナの仮茎や葉などを観察してみると、
何やら黒い小さな穴がありました。

070419バナナに穴が.JPG

070419バナナに穴が2.JPG

先日、奄美大島のバナナ栽培農家の方から、
「バナナに入り込む虫(おそらくゾウムシ)」
についてお問合せがありましたので、
私も警戒して観察したのですが、
どうやら、仮茎から樹液が流れ出ているのは、
仮茎が太くなったために
自然に出来た亀裂から流れ出たのではなく、
小さな“穴”から出ている様子です。がく〜(落胆した顔)

バナナの中に虫が入り込んでいるかどうかは、
外見からはまったく判りませんから、
穴のあいている葉を切断して、
中を探してみることにしました。

070419バナナの葉を切る.JPG

070419穴の付近で切断してみる.JPG

070419切断したバナナの葉の裏側.JPG
   切断した葉の裏側、黒いのが疑惑の穴

穴から葉軸を切断してみると、
中は空洞状に虫食い状態になっていました。

070419穴から葉先方向に切った断面.JPG

と、いうことは、
「虫が中にまだ居る」がく〜(落胆した顔)
ということですから、
虫食い状態をたどってゆくと、
穴から50cmも離れたところに、
幼虫を発見しました。もうやだ〜(悲しい顔)

070419虫発見.JPG

070419バナナの虫.JPG

幼虫の大きさは、約12mmです。

070419虫.JPG

「バナナの仮茎や葉軸の裏側に穴が開いていて、
 成育が止まりかげんか枯れる」

ということは、
 @ 成虫が卵を産みつける
 A バナナの中で孵化して幼虫になる
 B サナギになって成虫化し、バナナの外に出る
 C バナナの外で交尾し、メスがバナナに卵を産みつける

という流れが想像出来るわけです。


最初は、葉軸の中から虫が発見できなかったら、
バナナの葉を切ったことで、
バナナによけいな負荷を与えてしまうことを
心配していたのですが、
「穴が開いている=虫が中に居る」
ということが判りましたので、
確認のために、
別の穴の開いている葉を切って、
同じように葉軸を裂いてみると、
今度は「サナギ」になっているのを発見しました。もうやだ〜(悲しい顔)

070419サナギのいた葉.JPG

070419サナギのいた葉の断面.JPG

「サナギ」の家の大きさは約35mmで、
サナギの体長は約22mmでした。

070419バナナで発見したサナギ.JPG

070419サナギ.JPG

果房がすでに出来始めたか、
果実がこれから出来るくらいまでに成育した
大事なバナナの中を食い荒らして、
枯らしてしまうのは
バナナゾウムシの特長ですから、
花芽が出そうなボリビアバナナで、
今日発見した幼虫やサナギは、
「バナナゾウムシ」
の可能性が高いようです。もうやだ〜(悲しい顔)

念のために、幼虫とサナギの2匹は監禁して、
成虫になるまで飼おうと考えています。

明日以降、
穴の開いている葉を捜し出して、幼虫を発見したら、
“木酢液”や“泡盛+島唐辛子エキス”が有効かどうか、
かけてtestしてみようと思います。

「“敵”が何を嫌がるのか」
が、防除対策につながりますから、
それをまず探し当てなければなりませんが、
幼虫がいたボリビアバナナは、
生ゴミコンポストを置いていた場所で、
栄養過多によって、虫が寄ってきた可能性もありますし、
また、この場所は前にバナナが枯れたことがありますから、
根塊に成虫が棲み付いている可能性もあるのです。

posted by RIU at 18:20| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バナナの病害虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

切り倒した仮茎のその後の様子

3月18日(日曜)に、山梨県の鈴木様ご家族が来訪され、
ボリビアバナナの果房を収穫後に、
仮茎を根元からノコギリで切り倒されたのですが、
その後、その仮茎がどうなっているのかをご紹介しましょう。

07041009切り倒した仮茎.jpg

バナナは果樹ではなく、草本ですから、
切り倒した仮茎は、“丸太”のようであっても、
時間が経つにつれて朽ちて土に返ります。

切り倒してから23日目ですが、
水分が乾燥したことで、
容積や重量的には、
切り倒したときの半分以下になっていると思われ、
今後、朽ちるスピードが加速してゆくはずです。

07041009切り株.jpg
  上部が、鈴木様が切断された切り口です。

仮茎を切断する位置が高いと、
バナナの切り株に雑菌が入り込み、
バナナの根塊を侵して、
同じ根塊のバナナが全滅することも有り得ますから、
切断する位置は、
「出来る限り地面に近い位置が良い」
とする説を唱える人が多く、
私もそうしています。

posted by RIU at 10:44| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

ペールで栽培中のバナナが越冬しました!

昨年9月20日にペールに植え、
11月6日に経過をご紹介したバナナは、
その後、順調に暖冬を乗り越えて、
大きくなりつつありますが、
土の深さや容積が充分ではないためか、
スケールの小さいミニバナナになりつつあるようです。もうやだ〜(悲しい顔)

今朝9時の成育状況をご覧下さい。

07040909ペール栽培BANANA1.jpg

07040909ペール栽培BANANA1-2.jpg


07040909ペール栽培BANANA2.jpg

07040909ペール栽培BANANA2-2.jpg

鑑賞用にしたつもりはないのですが、
やはり、バナナは広い場所に、
ダイナミックに植えたいところです。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by RIU at 16:47| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ペールで栽培中のバナナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

4月5日現在の自宅バナナ園の様子

今日の沖縄は、清明(シーミー)祭という行事の日ですが、
午前10時現在の気温は17.7度と、まだ寒いので、
バナナの動きは停滞中です。

070404自宅バナナ園.jpg

070404自宅バナナ園2.jpg


根元から倒壊したボリビアバナナを
3月19日(月曜)に植え直して17日目ですが、
どうやらうまく根付きそうです。


070404移植したバナナ.jpg

移植後の植物は、「根付き」を最優先させるために、
葉が枯れることは“想定の範囲”ですが、
緑緑している葉があることで、
根の活着が順調だと判断しているためです。

開花が近い状態での倒壊ですから、
はたして開花するかどうかは疑問ですが、
「子株を出してもらえれば充分」
という長い目で考えています。


070409ハイビスカス.jpg
  今朝、庭に咲いたハイビスカスです

posted by RIU at 11:07| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

「花芽が出る前兆は仮茎が太くなる」という仮説B

バナナは、なんといっても熱帯果樹ですから、
直射日光をサンサンと浴びるころに、
大きく成長します。

ここ数日の寒波の影響で、
仮茎の上部は心持ち太いまま、
成育も停滞気味のようです。

070404開花しそうな仮茎.jpg

中央から出ている葉の次に小さい葉が出て、
その後「苞(ほう)」が出てくるはずですが、
どうでしょうか。

posted by RIU at 12:02| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。