2005年12月15日

地元市場の「野菜」画像〜その2

「ウコン」と「ノニ」は、野菜に属するのでしょうかexclamation&question

051213ウコン.jpg
ウコン
ショウガ科クルクマ属に属する多年草なので、
見かけは「ショウガ」に似ています。

沖縄では「ウッチン」、
中国名では「薑黄(キョウオウ)」と言います。

一般的に、日本でウコンというと、「秋ウコン」のことで、
カレーやスパイスの「ターメリック」のことですね。

春ウコンの中国名が「鬱金(ウッキン)」で、
和名がキョウオウと言いますから、
ウコンの種類は「春・秋・紫」で分ける方が分かりやすいと思います。

紫ウコンは、中国名が「莪朮 (ガジュツ)」と言って、
ウコン特有の肝機能に効果があると言われている
「クルクミン」という成分の含有率は僅かなのですが、
100種類以上の精油成分が豊富に含まれていることが確認されていて、
春・秋ウコンより薬効が強く薬品に分類されていて、
紫ウコン歯周病・口臭、胃潰瘍(ピロリ菌に対する強力な殺菌効果)、
糖尿病、高血圧、更年期障害等に効くと言われています。

「あるある大事典」では、「クルクミン」に注目して「春・秋ウコン」が、
「すぱすぱ人間学」では、薬効成分が豊富な「紫ウコン」が
取り上げられています。

ウコンは確かに身体に良いのですが、難点は「吸収率の悪さ」です。

ウコンは水に溶けないのですが、
ウコンは油に対しては「エマルジョン」という、
油に溶けたような感じになるので、
油と一緒に摂取することが、最もウコンの吸収率が良いようです。


051213ノニ.jpg
ノニ
「6月26日 地元市場の「苗」画像」で掲載していますので、
こちらをご覧下さい。

posted by RIU at 23:01| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 地元市場では | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。