2005年12月20日

マスメディアに惑わされずに“真贋”の目を持とう!〜その1

11月 3日 アメリカ輸入牛肉は食べてはいけない〜その1
11月 6日 日本の“飽食”を考える
11月 9日 アメリカ輸入牛肉は食べてはいけない〜その2
11月10日 アメリカ輸入牛肉は食べてはいけない〜その3
11月11日 アメリカ輸入牛肉は食べてはいけない〜その4
11月12日 アメリカ輸入牛肉は食べてはいけない〜その5
11月13日 アメリカ輸入牛肉は食べてはいけない〜その6
11月21日 アメリカ輸入牛肉は食べてはいけない〜その7
12月 8日 アメリカ輸入牛肉は食べてはいけない〜その8

米国産牛肉より国産牛肉の方が「危険」だと思い込んでいる人たちが
見ている統計資料に
「世界の飼育牛におけるBSE発生報告数」
があります。

このデータは2005年12月20日更新になっているのに、
少し誤りがあって、日本のBSE感染牛は20頭ではなくて「21頭」、
米国は1頭ではなくて、「2頭」なんですよね。

その辺りの誤差はともかくとして、
このデータの国々の、牛の飼育基準やBSE発生後の管理基準が、
国ごとにバラバラだということが、まず問題なんです。

例えば国産牛は、ご存知の通り「全頭検査」が義務付けられていますが、
米国では全頭の0.06%しか検査していなくて2頭の発見
単純計算では全頭検査では1,750頭いることにも成り得るのです。

米国では、特定危険部位肉骨粉の扱いもいいかげんだし、
何より
「ヤコブ病に感染して死ぬ人が仮に1,000人いたって、それがどうしたexclamation&question
というくらいにしか考えていない国なんですよね。

もちろん、
「なら、国産牛が安全かexclamation&question
というと、それはわかりません。

『努力をしている“差”が、「安心」につながる』
という視点で考えたときに、
米国のズサンな管理体制からして
「米国産牛肉はちょっとヤバいんじゃないのexclamation&question
ということになる、ということなのです。

阿蘇ファームランドの牛?.jpg

国内でのヤコブ病の発生については、
英国渡航歴1ヶ月の40歳台の男性が
平成13年に発病し、昨年死亡、
今年2月に国内における最初のvCJD症例として
確定された1件あるだけなんです。

下記に昨年度の死因と死亡数をまとめましたので、
まずザッとご覧下さい。


平成16年度 死因順位BEST10
(平成16年度厚生労働省人口動態調査「死因簡単分類・性別死亡数」より)

第1位 悪性新生物  32万  358人
・ 気管、気管支及び肺 5万9,922人
・ 胃の悪性新生物   5万  562人
・ 肝及び肝内胆管   3万4,510人
・ 結腸の悪性新生物  2万6,472人
・ 膵の悪性新生物   2万2,260人
・ 胆のう及び他の胆道 1万6,359人
・ 直腸S状結腸移行部及び直腸 1万3,570人
・ 食道の悪性新生物  1万1,172人
・ 乳房の悪性新生物  1万  609人
・ 前立腺の悪性新生物   8,840人
・ 悪性リンパ腫      8,401人
・ 白血病         7,048人
・ 口唇、口腔及び咽頭   5,573人
・ 膀胱の悪性新生物    5,556人
・ 子宮の悪性新生物    5,525人
・ 卵巣の悪性新生物    4,420人
・ 中枢神経系       1,622人
・ 皮膚の悪性新生物    1,138人
・ 喉頭の悪性新生物    1,042人
・ その他のリンパ組織   3,959人
・ その他の悪性新生物 2万1,798人

第2位 心疾患(高血圧性除く)15万9,625人
・ 慢性リウマチ性心疾患      2,336人
・ 急性心筋梗塞        4万4,463人
・ その他の虚血性心疾患    2万6,822人
・ 慢性非リウマチ性心内膜疾患   6,930人
・ 心筋症             3,495人
・ 不整脈及び伝導障害     2万  274人
・ 心不全           5万1,588人
・ その他の心疾患         3,717人

第3位 脳血管疾患 12万9,055人
・ くも膜下出血   1万4,737人
・ 脳内出血     3万2,060人
・ 脳梗塞      7万8,683人
・ その他の脳血管疾患  3,575人

第4位 肺炎    9万5,534人
第5位 不慮の事故 3万8,193人
第6位 自殺    3万  247人
第7位 老衰    2万4,126人
第8位 腎不全   1万9,117人
第9位 肝疾患   1万5,885人
・ 肝硬変(アルコール性を除く) 9,150人
・ その他の肝疾患       6,735人
第10位 慢性閉塞性肺疾患    1万3,444人

その他、主な死因
・ 糖尿病       1万2,637人
・ 神経系の疾患
 (髄膜炎、脊髄性筋萎縮症、パーキンソン病、アルツハイマー病など)
            1万1,902人
・ 大動脈瘤及び解離  1万  679人
・ 敗血症         7,310人
・ ウイルス肝炎      5,888人
・ 高血圧性疾患      5,706人
・ ヘルニア及び腸閉塞   5,087人
・ 胃潰瘍及び十二指腸潰瘍 3,409人
・ 喘息          3,283人
・ 結核          2,330人
・ 急性気管支炎        937人
・ インフルエンザ       624人
・ 乳幼児突然死症候群     232人
・ HIV病           49人

ヤコブ病(vCJD症)1件は2年前のデータですから、
昨年度は出ていませんでした。

「なんだ、BSE関連での感染は今まで1人か」
と考えるか、
「なるべく“正しい”情報を入手して自身で判断しよう」
と考えるか、
あなたはどちらですかexclamation&question
 
posted by RIU at 22:16| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | 危険な米国産牛肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

BSE関連; 米牛輸入解禁されるけどボジョレーとは違うでしょ!!
Excerpt: 米国産牛肉が輸入再開となり、何処の焼肉店がとか騒がれていますがボジョレーヌーボーみたいな扱いをされていることに情報操作されているような違和感を覚えます 日本にどの位の頭数の牛が輸入されるのでしょう?で..
Weblog: WTPログ(ブログ)-taka's BLOG-ウェスタン東京; 東京都西部、埼玉県西部地域の情報、検索、ブログ、ポータルサイト
Tracked: 2005-12-21 01:42

米国産牛と強度偽装問題で必要な「全党検査」
Excerpt: けっこう有名なんですでにご覧になられた人も多いでしょうか。アルツハイマーにかかった患者が 描き続けた自画像の変遷画像。かなりショッキングな画像ですが、ご存知のとおり、この徐々に迫り来る絶望的な死から..
Weblog: ニュースヘッドライソ
Tracked: 2005-12-23 20:25

BSE問題。アメリカは歩けない牛も、食肉処理をしていたそうです。
Excerpt: ▲いい加減にしろ アメリカ農務省の監察官事務所による牛海綿状脳症(BSE)対策に関する2005年監査報告書で、食肉処理施設12カ所の一部から、原因不明で歩行困難の牛計20頭が食肉処理されてい..
Weblog: 楽天のためいき
Tracked: 2006-02-09 22:50
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。