2006年04月03日

沖縄といえば「金蓮花(きんれんか)」

沖縄では
「凌霄葉蓮(のうぜんはれん)」
と言われる「金蓮花」は、
「ナスタチューム」と言った方が
分かりやすいかもしれませんね。
ナスタチューム.jpg
「金蓮花」は、
花が黄金色で葉がハスの葉に似ていることから、
命名されたのだそうです。

また、「凌霄葉蓮(のうぜんはれん)」は、
花が凌霄葛(のうぜんかずら)に、
葉がハスの葉に似ていることから、
その名が付けられたようです。

沖縄では雑草化して、
自然に増殖するツル性の1年生草本で、
2月〜4月ごろ、オレンジや黄色の花を咲かせます。
ナスタチューム2.jpg
花言葉は「愛国心」だそうです。

南米ペルー原産で、1845年に渡来したのだそうです。

ジョン万次郎が乗っていた漁船が難破して、
米国の捕鯨船に救助され、
そのまま米国に渡ったのが1841年、
1839年に勃発したイギリス対清王朝のアヘン戦争が、
新王朝の敗北で中国に不利な
南京条約が締結されたのが1842年、
テキサス共和国が
アメリカ合衆国テキサス州になったのが1845年、
日本では、米国使節ペリーが浦賀に来航した(1回目)が、
1853年ですから、
幕末のあたりに「金蓮花」が渡来したわけですね。

ナスタチューム3.jpg
ハーブとしてもよく知られているようですが、
沖縄でも薬草として
・ 悪性の腫瘍
・ 腫れ物
・ 歯痛
・ 気管支炎
などに、「金蓮花」の生葉と、
モクビャッコウ、ノカラムシの生葉を
混ぜ合わせて砕いて、
患部を湿布して使うのだそうです。


我が家では、薬草効果より、
「ワサビ」
として使います。

実(種)や葉は、上品なワサビの風味がします。
ナスタチュームのタ.jpg
パスタやサラダ、寿司などに使うと、
ピリッとした風味と色合いの鮮やかさで、
料理がいっそう美味しく戴けますので、
ぜひお試し下さい。


posted by RIU at 21:39| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄といえば「花」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。