2006年07月26日

マダガスカルジャスミンの花と実

 マダガスカルジャスミンの花.jpg
「ジャスミン」という名が付いているのに、
本当のジャスミンではありません。

ジャスミンと同じように芳香のある白い花が咲いて
花の形も似ているマダガスカル原産の植物なので
「マダガスカルジャスミン」
という名前をもらっているのです。


本当のジャスミンはモクセイ科ソケイ属で、
マダガスカルジャスミンはトウワタ科の
ツル性常緑広葉低木ですから、科まで違う植物なのです。

 マダガスカルジャスミンの花2.jpg
この花はブーケ等に良く使われるそうです。
夜になると香りが強くなるようです。

大きくなった美味しそうな実を採り、切断してみました。
 マダガスカルジャスミンの実.jpg

 実の切断.jpg
まったく、食用には不向きだったのは残念ですが、
中にさなぎのようなものが入っていて、
その中には種が詰まっていました。

 マダガスカルジャスミンの結実.jpg
最初は、丸い形で、
だんだんと細長くパパイヤのような形になります。
 マダガスカルジャスミンの丸い実.jpg
上は、雲南百薬のムカゴ(根塊)で、
右上は、葉の裏に張り付いたマイマイです。

今年4月頃に切り取った実を切断し乾燥させたものが、
この画像です。

 マダガスカルジャスミンの種.jpg
タンポポの種のようなフワフワした羽が付いた種ですが、
マダガスカルジャスミンは挿し木で簡単に増やせますから、
種の意味合いは少なそうですね。
 マダガスカルジャスミンの種2.jpg

posted by RIU at 13:14| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄といえば「花」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21421288

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。