2007年04月24日

4月19日に捕獲したバナナの害虫のその後

4月19日に捕獲したバナナゾウムシらしい幼虫と
ミノムシ状のサナギの5日目の続報です。


070424ゾウムシのサナギ?−1.JPG

その後、別々の容器に
捕獲したときの棲みか(=バナナの葉)と共に
幼虫とサナギを入れて監禁していたのですが、
バナナの葉の中に潜んでいたのに、
捕獲後は台所の明るい場所に
容器を置いて観察していたことがマズかったのか、
幼虫は死んでしまいましたが、もうやだ〜(悲しい顔)
ミノムシ状のサナギは、
エサを食べない時期にさしかかっていたようで、
まだ生きています。

大きさは、約1.5mmです。

070424ゾウムシのサナギ?−2.JPG

サナギは、やや黄色みがかって、
なんとなくゾウムシ特有の
とがった頭になりつつあるようにも見えます。

070424ゾウムシのサナギ?−3.JPG

今日の撮影は、バナナの葉の上で行いましたが、
カブトムシの幼虫のような動きをしていました。

070424ゾウムシのサナギ?−3.JPG

なんとか、成虫まで生存してくれれば、
虫の名前も明らかになるのですが…
posted by RIU at 12:32| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バナナの病害虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。