2007年05月05日

バナナゾウムシ出没中に、ボリビアバナナの収穫

自宅ミニバナナ園に3つあるバナナの果房の1つを
2日前に収穫しました。

070503収穫したボリビアバナナ.JPG

ミニバナナ園は、難敵バナナゾウムシが出没中ですが、
バナナの根塊や仮茎、葉の葉軸の根元あたりなど、
中に入り込んで外見では見えないために、
疑心暗鬼になりがちです。もうやだ〜(悲しい顔)

収穫したボリビアバナナにも、
バナナゾウムシが入り込んでいれば、
栄養分が充分に果房に行き渡らず、
前回のように追熟後しなびたような状態に
なるかもしれないのです。がく〜(落胆した顔)


収穫したボリビアバナナから4mほど離れたところに
これから花芽が出る大きな島バナナがあるのですが、
バナナゾウムシが入り込んでいる特有の黒い小さな穴が、
仮茎に空いていたので、仮茎の外側の、
役割の終わった枯れた葉をむしり取ってみました。

070503ゾウムシがいた島バナナ2−1.JPG

すると、仮茎の表面が
シロアリに喰われたように穴が開いていて、
その中に1匹のバナナゾウムシの成体を発見しました。もうやだ〜(悲しい顔)
(こんなところに居ると思わないので
 撮影準備もしていませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)


捕獲しようとしているうちに、
誤って難敵バナナゾウムシを地面に落としてしまい、
行方を捜しましたが、逃亡されてしまったのです。もうやだ〜(悲しい顔)

070503ゾウムシがいた島バナナ2−2.JPG

そういうことで、
残りの2つの果房を無事に収穫させたいことと、
何らかのバナナゾウムシ対策をあみ出してから、
移転したいと思っているのです。

ただ、
 ・ 木酢液+島唐辛子
 ・ 木酢液+月桃
 ・ にがり

を希釈せずに混合し、
バナナゾウムシが入り込んでいる特有の黒い小さな穴の中と、
仮茎の先端部分にかけたことが効いたのか、
バナナ樹液が出ていたのが止まっていましたから
この作業は、バナナゾウムシが入り込む前に、
防除として行えば効果があるのかもしれません。

県の農業試験場でも
「ゾウムシ対策はお手上げで焼却しかないョ」
という始末ですから、
今は、仮説をたてながら、
検証実験を行うしか手立てがないのです。もうやだ〜(悲しい顔)

070504果軸の切断部分.JPG
   収穫翌日にノコギリで果房を切り落とした果軸です


070421ハイビスカス8.JPG
   4月21日に糸満市うまんちゅ市場の
       JAイベントで撮影したハイビスカス
posted by RIU at 23:13| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バナナの病害虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。