2007年05月17日

バナナの“追熟”C

“追熟”という特性があるバナナなどの果実を
成熟した状態で収穫や出荷しようとすると、
これを商業的にコントロールするのは困難ですが、
“追熟”する前の段階で収穫したものは保存性に富むことで、
この段階で収穫すれば長距離輸送が可能なわけです。

そのため、フィリピンやエクアドル、台湾などの生産現場では、
追熟前に
 ・ 収穫
 ・ 集荷
 ・ 輸送

を行い、
通関後に成熟をスタートさせて食用にさせて
店頭に並べているわけですね。

輸入されるバナナが、「くん蒸」されていることは
ご存知だと思いますが、
これは日本国の植物防疫法に基づいて、
日本入港時に農水省が行う「植物検疫」という検査で、
輸入植物に国内農業に影響をおよぼす可能性がある
特定の病害虫や卵などが付着していないかを調べている
のです。

これは、バナナなどの果物はもちろん、
野菜、穀類、コーヒー生豆、紅茶(生葉)、苗木、
球根、切り花、木材などが対象になっています。

この「植物検疫」という検査で、
特定の病害虫(カイガラムシなど)や病気が発見された場合は、
輸入者は、その植物の
 ・ 廃棄
 ・ 返送
 ・ 消毒

のいずれかを選択することとなり、
輸入者のほとんどは、
当然のように「消毒」での持ち込みを選択し、
消毒の方法の1つに、「くん蒸」があるわけです。

くん蒸は、密閉された倉庫の中で
農薬(殺虫剤)をガス化して害虫を殺すもので、
くん蒸に使用される農薬には、
 ・ 臭化メチル         
   豆類、コーヒー生豆、クリなど
   内部まで浸透、24時間〜48時間
   ラット実験でも甲状腺への影響等が認められている
   毒性が強く、発ガン性が指摘されている

 ・ シアン化水素(青酸ガス) 
   バナナ、グレープフルーツなどの果物や生鮮野菜
   浸透せず揮発性が高いので、
   表面処理に有効で残留がない、といわれているが…

 ・ リン化アルミニウム
   5〜7日間
などがあり、
植物の種類と発見された害虫の種類によって使い分けられますが、
バナナは「シアン化水素(=青酸ガス)」を使い、
ほぼ100%がくん蒸処理されているわけです。

くん蒸を行うにあたっては、
 @ 十分な殺虫効果が得られること
 A 植物に障害が出ないこと
 B 食用とする場合は人間にとって害がないこと

を考慮した上で、
薬量と処理の時間が定められています。

昨年のオーナー様のバナナ画像.jpg
     昨年のバナナオーナー様の画像例

かんきつ類は防カビ剤の
 ・ イマザリル
 ・ オルトフェニルフェノール(OPP)
 ・ チアベンダゾール(TBZ)

などを塗ることで、
カビだらけになるのを防いでいるわけですね。

厚労労働省の検査官は、全国で300人足らずですし、
農水省の防疫検査官は全国で約800人いますが、
効率優先のコンピューター処理のために、
東京や神戸では1%も検査していない有り様で、
ほぼフリーパス状態のようですから、
今後も移入害虫が増えることでしょう。

昨年のオーナー様のバナナ画像2.jpg
     昨年のバナナオーナー様の画像例


「検疫」で思い出されるのは、首里高校事件です。

先週まで、高野連加盟校の特待生問題で
選手不在の大騒ぎになりましたが、
1958年(昭和33年)の夏の甲子園は第40回の記念大会として、
当時の日本の46都道府県代表と共に、
特別にアメリカ合衆国占領下にあった沖縄県の予選大会が開かれ、
そこで優勝した県立首里高校が
戦後初の沖縄代表として甲子園へ招かれたのでした。

当時米軍政府下にあった沖縄は、
車は右側通行でドルを使い、
パスポート(沖縄住民の場合は渡航証明書)と
予防接種検疫証明証を持って、
日本本土を行き来していた時代でした。

日本本土から船や飛行機で那覇港や那覇空港に着くと
パスポートの審査や税関、検疫の検査を受けなければならず、
琉球政府の検疫では
「外国の土は持ち込んではならない」
という規定がありました。

首里高校は大会1回戦で
福井県・敦賀高等学校に健闘むなしく3対0で完敗し、
船で沖縄に戻るのですが、
那覇港を目指して帰路の那覇沖で、
「球児たちが大事に持ち帰った甲子園の土は
 外国の土だから検疫法違反」

と言うことで検疫官に没収され、
那覇港に海中投棄されてしまったのです。

この事件を知って同情した日航スチュワーデスが
「石なら防疫法に引っかからない」
ということで、
甲子園球場周辺の海岸の石を拾い集めて桐の箱に入れて
首里高に寄贈されたのでした。

今から49年前の出来事ですが、
この事件から14年後の1972年(昭和47年)に、
沖縄は本土復帰になるわけです。


厚生労働省の「くん蒸の安全性」における見解では、
「残留農薬基準は、食品衛生法第7条第1項の規定に基づき、
 厚生大臣が公衆衛生の見地から定めるものであり、
 当該農薬の安全性等について食品衛生調査会における
 慎重かつ緻密な調査審議を経ているものであることから、
 残留農薬基準に合う輸入農産物については、
 人の健康を損なうおそれはないものと考えている」

というのですが…
070509ハイビスカス.JPG
       5月9日花野果村のハイビスカス
posted by RIU at 15:52| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バナナの追熟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。