2007年06月11日

バナナゾウムシとの悪戦苦闘「柑橘系の実験」A

コーヒー圃場の大移転計画で忙しく、
2週間ほどブログを休刊してしまいました。

ミニバナナ園は、ゾウムシ騒動が解決したわけではなく、
時々数体を捕獲しては、
何が効くかというテストを繰り返しています。

農業試験場のデータによると、
ゾウムシは、5〜6月をピークに、
夏場は急激に減るらしいので、
早く個体のテストで効果を上げたいところです。

「柑橘系を嫌がるなら、
 いっそのこと柑橘系の皮をバナナの葉軸に置いたらどうか」

という、幼稚な
“素朴な発想”
で、
沖縄に移住された渡辺臣様から戴いたミカンの皮を
葉軸に置いてみているのですが、
ミカンの皮を葉軸に置く.JPG
その後、ゾウムシ捜索の基準となる
バナナ樹液をなかなか見かけなくなりましたから、
少しは効果があるような気がするのですが、
どうでしょうか。


0421ハイビスカス2.JPG
      近所のハイビスカス
posted by RIU at 16:24| 沖縄 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | バナナの病害虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事以来ゾウムシ対策は進んでいますか?
うちのミニバナナ園にもゾウムシがやって来て、少し落胆しているところ、、、。場所は宮崎なんですが、庭に宮崎バナナがなって、”感動した!”ので近所の土地を借りてバナナを植えて ミニバナナ園を作ったわけです。(バナナだけではないんですが)去年は4房収穫し、(5-6段で1房と言えばいいのかな?)近所の評判も良かったので、バナナ園を拡げようとした矢先に、、、
そこで質問なんですが、
アドバンテージ粒剤ってどうまくんですか?分量とかも、、、いままで農薬使ったことないもので。
Posted by 下河辺和久 at 2015年06月01日 07:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44521264

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。