2007年09月19日

アシダカグモ(脚高蜘蛛)の産卵画像

網を張らずに室内を徘徊し、
人に危害を加えずに、
ゴキブリや蛾、ハエ、アリなどの虫を食べる
「生きたゴキブリホイホイ」
といえば、
タランチュラと間違うほどの
大きなアシダカグモ(脚高蜘蛛)ですが、
以前ご紹介した彼女、
2007年6月15日 アシダカグモの脱皮画像
だと思うのですが、
夜、テレビを観ているときに、
彼女が“おめでた報告”に現れました。
0706−1アシダカグモ.JPG
     卵嚢(らんのう)を抱く母グモ

どうして、以前脱皮していた彼女だと判るかというと、
アシダカグモは、一般に
「1室に1個体が生息する習性」
があるからです。

彼女も、私が危害を加えないのを充分知っていて、
暗黙にお互いに信頼関係が成り立っているために、
彼女が活動する夜になると出逢うことが多いのです。

言い方を変えれば、
彼女のエサとなる虫が近くにあるので
出てきたのでしょうから、
それだけ、部屋が散らかって
害虫にとっても住み心地が良い部屋なのでしょう。もうやだ〜(悲しい顔)

アシダカグモの産卵は年1〜2回、6〜8月ごろですが、
今日の画像は、約3ヶ月前の、
今年の6月下旬に撮影したものです。

6月15日にアシダカグモの脱皮画像を載せたので、
しばらく間を空けた方が良いと思っているうちに、
私が忘れてしまっていたのでした。もうやだ〜(悲しい顔)

画像では判りにくいのですが、
彼女は前部の触肢と第3脚で、卵嚢(らんのう)をはさんで
大事そうに持ち歩いていました。

アシダカグモの母グモは、
卵嚢(らんのう)の中の子グモが孵化するまで、
自身は餌を食べずに抱えているのだそうです。

0706−2アシダカグモ.JPG

テーブルの新聞の上で、
“おめでた報告”の後、
私がテレビ画面に集中しているうちに、
彼女を見失い、
気づいたときは、
私の真後ろの網戸(前回、脱皮していたサッシの網戸)に、
彼女が卵嚢(らんのう)を貼り付けた後でした。

0706−3アシダカグモ.JPG

0706−4アシダカグモ.JPG
 ピンボケですが、横から見ると、厚手生地のピザのようですね

0706−5アシダカグモ.JPG

数百の子グモが、
卵嚢(らんのう)の中で孵化して、
モゾモゾと動き回っていて、
そのうち、透明な袋を破って、
次から次へと子グモが這い出してきました。

0706−6アシダカグモ.JPG

子グモは1回脱皮してから外に出る、
「出廬(しゅつろ)」という過程があるらしいのですが、
子グモがあまりに小さいのと、
母グモが近くで見守っているらしいので、
顔を近づけて観察することを私が遠慮したので、
その様子はよくわかりませんでした。

0706−7アシダカグモ.JPG

数百の子グモは、翌日には全員無事に這い出していて、
空になった卵嚢(らんのう)だけが、
網戸に貼り付けられたままになっていましたが、
這い出した子グモも、
大きく成長するまでの間は、
同じく“害虫ハンター”のヤモリから
身を守らなければならないのです。

この孵化から、
すでに3ヶ月近く経過しようとしていますが、
現在の子グモたちは、約1cmほどに成長してきました。

私と、まだ信頼関係が成り立っていない子グモたちは、
私を見かけると、ものすごい速さで逃げ去ってしまいます。

私と信頼関係が成り立つ頃には、
私は新天地に移転してしまっているかもしれませんが、
新しい家主とも信頼関係が築ければ良いのですが…。

posted by RIU at 13:11| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄といえば「生物」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56097785

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。