2007年12月03日

ナガマルコガネグモ(長丸黄金蜘蛛)

12月1日(土曜日)に、
本部町と今帰仁村の境界にある乙羽岳山麓の
スィートバナナホームを訪問したときに、
住居の入口付近で
ナガマルコガネグモ(長丸黄金蜘蛛)を発見しました。

071201-1.JPG

黄色や白、黒の鮮やかな腹部や
脚先にも模様がある綺麗な?クモで、
ナガコガネグモは北海道から九州まで分布しているのですが、
“マル”が付くのは、南西諸島特有のようで、
どちらにしても希少性はなく、
どこでも見かけるクモのようです。もうやだ〜(悲しい顔)

「網の端にモゾモゾ動くエサがかかった」
と思われたのは、
どうやら小さいオスのようで、
画像の鮮やかなのがメスのようです。

071201-2.JPG

スィートバナナホームでは、
山麓に多品種のバナナを露地栽培していますが、
どうやら大宜味村に移転する計画のようです。
posted by RIU at 23:43| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄といえば「生物」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/70765876

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。