2005年11月09日

アメリカ輸入牛肉は食べてはいけない〜その2

江頭.jpg

11月 3日 アメリカ輸入牛肉は食べてはいけない〜その1
11月 6日 日本の“飽食”を考える

小泉将軍様と世界一仲が良いブッシュが、
米畜産業界からの突き上げに困り、
あの手この手で圧力をかけていますが、
クリスマス直前に、ブッシュ政権に
「GOサイン」を出すのではないかと見ています。


プリオン専門委員会の「タラ・レバ」理論
御用学者の集まりである食品安全委員会は、
生後20ヶ月以下の輸入再開について
 「危険部位の除去が適切に行われていれば
   (日米の)リスクは同等である」
などと、およそ科学的とは言いがたい
「〜たら」「〜れば」を前提にした
強引かつ保身のリスク評価をしています。

これについて、
民主党「次の内閣」農水担当大臣の山田正彦衆議院議員は
「米国の政治的圧力に日本が折れた」
と批判していて、
プリオン専門委員会は保険+保身のため
「(米国の対策が不十分な場合は)輸入を再停止することも必要」
としています。
当たり前ですがね。


ジョハンズ米農務長官のダメもと要求
「生後20ヶ月以下」の輸入基準を
『生後30ヶ月以下』に緩和するよう
日本側に求める方針を示しています。

これは、来週17日にブッシュ大統領来日に合わせた動きです。

ブッシュの支持率は、
イラク長期化〜超大型ハリケーン被害の対応で、
過去最低の35%(CBSテレビ調査)まで下落しています。

「日本への輸入再開・拡大」を強力に
求めるブッシュの有力支持団体・全米生産者牛肉協会(NCBA)の
意向には逆らえないところまで来ていますから、
年内あるいは年初に日本との輸出再開の約束が出来れば
ブッシュも米国内に顔が立ち、支援団体も納得するでしょう。

日本だけでなく、台湾でも米国産牛肉の輸入を停止していましたが、
2年ぶりに
今年の4月16日に輸入再開(「生後30ヶ月以下」の新基準)して、
メキシコに次ぐ輸出相手国2位に躍り出たのですが、
その間に米国で、またまたBSEが発覚したことで、
輸入再開2ヵ月後の6月25日に
なんと再び輸入を停止して現在に至っています。

「生後30ヶ月」や「関税引上げ」の脅かしが非本に効かないなら、
いよいよ「農産物の日本への輸出制限」の外交カードを
切るかもしれませんから、
「生後20ヶ月」で決まることになるでしょう。

アメリカ国内でも「生後30ヶ月の基準」を疑問視されている
BSEの原因となる異常プリオンの発見者で、
ノーベル生理学・医学賞を受賞した
米カリフォルニア大学のスタンリー・プルシナー教授は、
 「ある月齢以上なら(BSE)検査が必要で、
  それ以下なら異常プリオンがなく検査なしで食用できる?
  そんな月齢を決めるなんて私には理解できない」
と語っているようです。


野党や国民も疑問視
昨年、米国のBSE対策を視察してきた民主党「次の内閣」
農水担当大臣の山田正彦衆議院議員は
 「米国では牛が個体識別管理がされていないので、
  月齢を歯の磨耗などで正確に判断することは事実上不可能」
と指摘しています。

報道各社の輸入再開に関する世論調査でも
・ 朝日新聞 反対67%
・ 毎日新聞 反対54%
と、半数以上が否定的意見となっています。

小泉将軍様が輸入再開を決断したら、
首相官邸はもちろん、
将軍チルドレンや小泉自民党派議員は、
3食とも米国産牛肉を食べてもらうのは当然としても、
金正日将軍様にもプレゼント支援したらどうでしょうか。


米国産牛肉の世界各国の対応
現在まで、日本や台湾を含む56カ国が輸入停止措置を講じています。

台湾は、今年4月に輸入再開をしながら、
2ヵ月後の6月には再び輸入停止をしましたから、
日本の様子をしばらく見るものと思われます。

日本国民は、臨床実験のモルモットになるわけです。


posted by RIU at 19:12| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 危険な米国産牛肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

【牛に鶏糞】鶏糞への肉骨粉混入率を30%程度とFDA要官見積(=年間30万トン?)
Excerpt: ■【牛に鶏糞】鶏糞への肉骨粉混入率を30%程度とFDA要官が見積(=年間30万トンの肉骨粉が牛へ?) 牛への鶏糞ごみ飼料=poultry litter について、全国食健連が主催したBSE講演会のジ..
Weblog: BSE&食と感染症 つぶやきブログ
Tracked: 2005-11-09 23:12
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。