2005年11月28日

11月28日現在の自宅バナナ園の様子

051128倒壊しそうなバナナ1.jpg
051128倒壊しそうなバナナ2.jpg
「房」が大きすぎると、倒壊してしまうことがあります。

画像のバナナは早い段階で「倒壊」を予期できましたので、
ロープで引っ張り、さらに杭(くい)に座布団をはさんで、
何とか倒壊を免れています。

この「房」は、近日収穫する予定で、
収穫後の幹はノコギリで根元から切断することになります。


051128バナナの花の最初の形.jpg
「島バナナ」は一般に高さのあるバナナです。

今日、バナナの「花」の“出始め”を見つけました。

“出始め”を見つけるのは、なかなか珍しいことです。

真ん中の“竹の子”のようにとがったところが、
これから「花」になるのです。

だんだん紫色になって、逆Uの字状態に垂れ下がって、
グロテスクな「花」になり、“房”が成長してくるのです。



051128バナナ4.jpg
この「房」は、まだまだ成育途上の状態です。

成熟するには来年に入ると思います。

真冬に「バナナ」は似合わないですよね。


051128バナナ3.jpg
この「房」は、成熟が近いです。

「房」は、バナナごとに大きさがまちまちになってしまいます。

日照・風対策・土壌・間引きなどを工夫すれば、
房の大きさも大型で揃ってくる可能性はあると思います。


051128バナナ5.jpg
バナナ園の端に「房」が出てしまっているし、
バナナも幾分倒壊しかかっています。

このバナナもロープを掛けて救済するかどうかを
考えないといけません。


051128コーヒー苗.jpg
これは、バナナではなく、コーヒーの苗木です。

現在30cmくらいの高さになりましたので、
いつでも移植OKの状態にあります。

先日、大分・熊本から、「種」、「苗木」の問い合わせがありました。

本土では、ハウスでならコーヒーの栽培も可能なのです。


posted by RIU at 17:52| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 栽培日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。