2007年09月08日

ナハバナナ園の復興

7月13日の台風4号台風で壊滅したナハバナナ園は、
本拠地が読谷村の「むら咲むら」にあるそうです。
(その前は石垣島)

「むら咲むら」は、
14年前の1993年(平成5年)、
冷夏による異常な米不足でタイや中国、アメリカ、
オーストラリアなどから米を緊急輸入したり、
FIFAワールドカップのアジア予選での
ドーハの悲劇もうやだ〜(悲しい顔)があったり、
ZARDの「負けないで」や
THE BOOMの「島唄」がヒットした年ですが、
この年にNHK大河ドラマとして
「琉球の風 DRAGON SPIRIT」
が放映され、
この撮影する町並みのオープンセットが
テーマパークとなった施設です。

ついでに「琉球の風」のSTORYは、
16世紀末〜17世紀初頭、
琉球王国が薩摩藩島津氏に支配されてゆく時代の人々を
描いたドラマで、
初めて沖縄を舞台としたドラマにしては、
主要人物が架空のためか、
視聴率が17.3%と振るわなかった大河ドラマでした。もうやだ〜(悲しい顔)

撮影に使われたオープンセットは、
当初「南海王国 琉球の風」として観光客が来ていましたが、
年々入場者が減って経営悪化となり、
ついには8年前の1999年3月に閉館し、読谷村に無償譲渡され、
同年8月にテーマパーク「琉球体験王国 むら咲むら」という、
沖縄の文化・芸能・自然を見て体感できるテーマパークとして
リニューアルオープンして現在に至っています。

この「むら咲むら」の近くに
飯塚社長が鉄骨ハウスでバナナを栽培し、
観光客へのバナナ販売をもくろんでいたようですが、
「むら咲むら」が人気のない観光スポットに陥ったことで、
ここの果実は市場に出すことにして、
豊見城市の借地に新たに鉄骨ハウスによる
「ナハバナナ園」を昨秋オープンしたのです。

飯塚社長は橋梁会社の社長ですから、
建築物の強度計算はプロのはずですが、
7月13日の台風4号台風で、
豊見城市の「ナハバナナ園」は壊滅してしまいました。


0908-1.JPG
    周囲には防風ネットが張られています

0908-2.JPG

0908-3.JPG
    中には工事用車両らしきものも

0908-4.JPG
    重機も見えますね

0908-5.JPG
    足場も組まれつつあるようです

鉄骨ハウスが完全に壊滅したことで、
「本拠地の読谷村に撤収するか引退するだろう」
と私は予想していたのですが、
「飯塚社長が新たに借金をして鉄骨ハウスを造り直し、
 ナハバナナ園を再開する」

という仰天の復興計画を昨日聞き、
今日現地に真偽を確かめに伺ったのでした。

0908-6.JPG
    入口には「しばらく休業…」の張り紙が

建物入口には「しばらく休業」の張り紙があって、
飯塚社長はあいにく不在でしたが、
周囲は防風ネットで囲まれ、
すでに庭園内部は重機が見え隠れして
整備されつつあるようですし、
建物にも足場仮設のパイプが組まれ始めていましたから
「復興計画」は本当のようです。

豊見城市の埋立地「豊崎(とよさき)」は、
那覇空港の至近距離で
巨大商業施設を誘致して
大きな集客が見込めますから、
「ここを起点とする観光ツアーにナハバナナ園を組み入れる」
ような誘い水に飯塚社長が応じた様子ですが、
台風4号台風で壊滅する前のナハバナナ園は
閑古鳥状態でしたから、
私は「ナハバナナ園の復興」には心配しているのですが…

posted by RIU at 17:59| 沖縄 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ナハバナナ園(豊見城市伊良波) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

ナハバナナ園で研究中の鉢植えバナナ

一般にバナナを鉢植えにすると、
品種によっては、バナナの高さだけでも2.5mを超えて、
室内やバルコニーでの栽培は難しくなるのですが、
ナハバナナ園では、
主に本土の首都圏のマンションのバルコニーや窓際、
日当たりの良い飲食店向けに
低木性バナナの鉢植えの研究を始めました。

0705プチバナナ1.JPG

単純に、インテリアや観葉植物の代用ではなく、
ちゃんと果房が実って、食用になることを前提に
飯塚社長が今までのバナナ研究の粋を注ぎ込んだもので、
バナナが好きな方にとっては、朗報だと思います。

0705プチバナナ2.JPG

バナナは、鉢やペール、ドラム缶などに植えると、
容積に比例してバナナが小さく痩せる傾向にあるのですが、
ナハバナナ園テストしている鉢植えバナナは、
どう見ても健康に成育しているように見えるのです。

0705プチバナナ3.JPG
     プチバナナの鉢植えと飯塚社長

鉢植えバナナは、
・ プチバナナ
・ 三尺バナナ

の2品種でテストをしていて、
最終段階にきているようですから、
開花が楽しみになってきました。

0705三尺バナナ.JPG
     三尺バナナの鉢植えと飯塚社長

ご興味ある方は、
ナハバナナ園に直接お問合せ下さい。
電話 (098)856-6626
posted by RIU at 19:16| 沖縄 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ナハバナナ園(豊見城市伊良波) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

ナハバナナ園で買ったキングバナナと自宅のボリビアバナナの比較

先週の4月28日(土曜日)に、ナハバナナ園に伺い、
バナナ学講義を拝聴し、
帰りに飯塚社長絶賛のキングバナナを買わせて頂きました。

ちょうど、自宅に収穫後のボリビアバナナがあり、
形状や味などの比較をしてみることにしました。

070501キングとボリビア.JPG
   左側がボリビアバナナ、右側がキングバナナです

ボリビアバナナは、
私が好きなバナナの1つで、
 ・ 果実はやや大きい
 ・ ほど良い甘さ
 ・ ほど良い酸味
 ・ 充分なコク
が特長的で、
嗜好は各自違いますが、
私は島バナナよりボリビア種の方が好きです。

今回のボリビアバナナは、
自宅のバナナゾウムシ出没騒動中の
ミニバナナ園で収穫したものですから、
いつもの惚れ惚れするような
パンパンに膨れた出来とはほど遠く、
ややしぼんで小さくなっています。もうやだ〜(悲しい顔)

070428キングバナナ.JPG

キングバナナは、
ナハバナナ園飯塚社長絶賛のお奨めバナナで、
もちろんナハバナナ園で収穫されたものです。

070501キングとボリビア2.JPG
   左・ボリビア、右・キングをむいたところです

070501キングとボリビア3.JPG
   左・ボリビア、右・キングをカットしたところです
   キングがやや黄色っぽいですね

食感や味の比較では、
私自慢のボリビアバナナがパーフェクトな出来ではなく、
いつもより、やや個性が薄れているように感じました。

キングバナナは、初めて食べたのですが、
正直な感想は、
 ・ 甘さがイマイチ
 ・ 酸味もイマイチ
 ・ キメが細かく、ネチャッとした食感

で、
個人的には、期待はずれの★★くらいの評価でした。

バナナは、種類ごとにそれぞれ個性があって、
個人個人で嗜好が違いますから、
自分の好みのバナナを見つけることが、
より楽しみで美味しく食べられるのではないかと思います。

070428キングバナナの子株.JPG
  キングバナナの子株は3,000円/鉢らしいですが、
  他では絶対に入手不可能なことを考えると、
  安すぎると思います。
  「売約済み」でしたから、渡辺様のご予約でしょうかexclamation&question

070428アニボンバナナ.JPG
  マレーシアのアニボンバナナも売られていました
  試食もさせて戴きましたが、甘さや酸味がボケて
  やや特長がないバナナでした

070428島バナナ.JPG
  沖縄名物・島バナナも売られていました
  沖縄では「たかが島バナナ」ですが、
  ナハバナナ園は栽培環境にこだわっていますから、
  『されど島バナナ』なのです

posted by RIU at 09:19| 沖縄 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ナハバナナ園(豊見城市伊良波) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

ナハバナナ園のモンキーバナナ

昨日、4月28日(土曜)に伺ったナハバナナ園の続報です。

スーパーでよく見かけるモンキーバナナは、
沖縄では島バナナと混同されています。

果実の形や大きさがそっくりだからです。

070428モンキーバナナ.JPG
 デジカメの設定がフラッシュを焚かないように
     なっていたので暗くなってしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)


那覇市内の悪質なお土産屋さんでは、
輸入のモンキーバナナを島バナナと称して
高値で売られていることがありますが、
これは果実が付いている果軸の大きさで
簡単に見分けが付きます。

輸入バナナは、
輸送コストを削減することと、
嵩(かさ)を小さくするために
不要な果軸部分を出来る限り小さく切り取っていますが、
沖縄の島バナナは、
収穫するときに果実に傷をつけないように、
果軸を大きめにカットしてあります、
“大ざっぱ”という言い方も出来るでしょう。


ナハバナナ園の飯塚社長によると、
モンキーバナナは島バナナと違う品種で、
果実の形や大きさは似ているものの、
モンキーバナナの果肉は黄色く、
島バナナの果肉は白い、

という説明を受けました。


070428ハイビスカス.JPG
  東風平のアグリハウスで売られていたハイビスカス
posted by RIU at 10:46| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ナハバナナ園(豊見城市伊良波) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

ナハバナナ園に伺いました

今日、4月28日(土曜)のお昼ごろは
一時的に暴風雨台風が吹き荒れていましたが、
その間、ナハバナナ園に伺いました。

タイミングよく飯塚久夫社長もいらして、
バナナ論を伺うことができました。


今日は、千成バナナが吊るしてありました。

070428千成バナナ1.JPG

房の長さは2m前後もあるのですが、
飯塚社長によると、
 ・ 果実が小さい
 ・ 皮が厚い
 ・ 食べられる実が小さい

ことで、
「食べられるが面倒」
ということでした。

070428千成バナナ2.JPG
   果実は、ちょうど小指くらいの大きさでした
posted by RIU at 17:34| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ナハバナナ園(豊見城市伊良波) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

真珠バナナの評価

・ 真珠バナナ ★☆

真珠バナナ0611.jpg

ナハバナナ園で、11月14日に買わせていただいた
真珠バナナの試食の評価を書き忘れていました。

真珠バナナの長さは約20cmありますが、
軸の部分が約5cmですから、
食べられる果肉部分は、約14〜15cmで、
やや小さめのバナナです。
  真珠バナナ(実物大).jpg
皮をむくと、スジが厚く、多いです。

バナナは、皮をむいて、ふつうスジを取り除きますが、
実は、スジの部分に、ミネラル分が多く含まれていますから、
栄養学的には、スジも食べるようにした方が良いのです。

真珠バナナのスジは厚くても、食べるときには
特に気になりませんでした。

酸味がやや強いのが特長ですが、食べたあと印象に残らず、
何度も食べたいと思わないバナナです。

シェーク向きでしょうか。

今日の沖縄は日中の気温が21度で、
だいぶ寒くなり、冬に向かっています。

沖縄では冬でもバナナは収穫出来ます。

12月の時期のバナナは、
開花時期に日照に充分当たっているので、
まだまだ味わって食べられますが、
盛夏の時期の美味しさと比較すると、
2割程度割引が必要です。

これから、3月にかけては、
日照と気温が下さらにがることで、味は落ちてゆきます。

posted by RIU at 14:31| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | ナハバナナ園(豊見城市伊良波) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

ベアパイバナナの評価

・ベアパイバナナ ☆

 ベアパイ0611−1.jpg

ナハバナナ園で買わせて頂いた、
ベアパイバナナを試食してみました。

 ベアパイ0611.jpg

ベアパイバナナは計測すると、約18cmで、
わりと大型の部類です。
 ベアパイバナナ(実物大).jpg

外皮は厚く、
最初の食感は、少し歯ごたえがあるような
“硬さ”とネットリ感で、食感は悪いです。もうやだ〜(悲しい顔)

甘みは薄く、酸味はほとんど感じられず、
コクはまったくありません。

断面には、極小の黒い種が入っていました。

残念ながら、もう一度買いたいとは、
とても思えないような後悔バナナでした。もうやだ〜(悲しい顔)


posted by RIU at 13:33| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ナハバナナ園(豊見城市伊良波) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

三尺バナナの評価

・三尺バナナ ★★★☆

沖縄で三尺バナナというと、
島バナナの次に知られているはずで、
珍しくもないのですが、
ナハバナナ園で、いろいろな品種のバナナの味を、
私の主観で評価しているので、三尺バナナも加えてみました。
三尺バナナ.jpg
この三尺バナナは、玉城の花野果村で買ったものです。

三尺バナナの食感は軟らかく、
甘み、酸味のバランスでは、
やや甘みが勝っている感じがします。

三尺バナナ(実物大).jpg
  実物大の三尺バナナ

そのまま食べるより、豆乳、氷とのシェークに向いています。

充分な甘みと、バニラをイメージさせるような
風味もあって美味しいです。


沖縄のバナナが最も美味しい時期は、
春から残暑のあたりの、日照が強い季節で、
本来その時期にバナナの味比べをすべきですが、
どうしても果房の収穫時期が合わないことで、
いくら主観と言っても、
ABOUTな評価になることは承知しています。
posted by RIU at 09:17| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ナハバナナ園(豊見城市伊良波) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

オッパイバナナを試食してみました!

・オッパイバナナ ★☆

ナハバナナ園で買わせて頂いた、
オッパイバナナを試食しました。

 オッパイバナナ.jpg

オッパイバナナは、島バナナのように小ぶりですが、
色や形状も少し違います。

計測すると、長さが7〜8センチでした。
 オッパイバナナ(実物大).jpg
   実物大の大きさ

最初の食感は、モチモチ感があり、
甘み・酸味のバランスは取れているのですが、
全体的に味が薄く、
食べた後の印象度が薄いバナナで、
残念ながらもう1度買おうという気が起こらない味でした。

posted by RIU at 08:56| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ナハバナナ園(豊見城市伊良波) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

またまた、ナハバナナ園に行きました!

ナハバナナ園には毎週伺っていて、
この日(11日土曜日)で4回目になります。

この日は、新たに、
・ 爪バナナ
 爪バナナ(11月11日).jpg
形状が“爪”をイメージするので、
爪バナナと呼ばれているらしいです。

・ 真珠バナナ
 真珠バナナ(11月11日).jpg
原産地では、果実表面の光沢感から、
“真珠”をイメージして、名付けられているそうです。

・ ベアーパイ
 ベアーパイ(11月11日).jpg
原産地のタイでは、熊のオッパイに似ている、
と思われているようで、名付けられているのだそうです。
 味は「甘いだけ」というので、買いませんでした。

以上の3種類の果房が吊り下げられていました。


販売用では、
・ 島バナナ
100グラム80円
 島バナナ(11月11日).jpg

・ 爪バナナ ★☆
 爪バナナ(11月11日)2.jpg
バナナの果房の成長過程の頃の、
角のある貧弱な状態で熟させたような小さいバナナで、
試食させて頂きましたが、
  甘みと酸味のバランスはとれているものの、
  個性がなく、印象度も薄いので、「試食で充分」のバナナです。

・ 銀バナナ
  100グラム80円
 銀バナナ、オッパイバナナ(11月11日).jpg
・ オッパイバナナ
  100グラム50円

が出ていました。


この日は、バナナそっくりの芭蕉の花(ピンク)が
咲いているのを見れたことと、
 芭蕉の花(11月11日).jpg
コメントを頂いている“なあこ”さんを
お見かけ出来たことが収穫でした。

posted by RIU at 08:32| 沖縄 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ナハバナナ園(豊見城市伊良波) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

今日も、ナハバナナ園に寄らせて頂きました!

10月23日(土曜)に初めて伺って、
飯塚社長の理念や人柄、珍しいバナナに惹かれてしまい、
翌週の10月28日(土曜、2度目)と、
今日11月 3日(金曜、3度目)と、
毎週伺うようになりました。

先週の2度目以降は、200円の入園料を支払っていません、
というのは、入口のパーラーに伺っているからです。
 オッパイバナナ061103.jpg
パーラーには、収穫された珍しいバナナが吊るされていて、
実費で買わせて頂けるようになっています。

今日は、先週買わせて頂いたバナナと同じものしか
出ていませんでしたし、
飯塚社長も東京出張に出かけられた直後でしたので、
バナナ学のお話は伺えませんでした。

 銀バナナ061103.jpg
  銀バナナ

 合掌バナナ061103.jpg
  珍しい合掌バナナですが、
  2週間前に私が買って、そのままのようですね…

 島バナナ061103.jpg
  島バナナ

 八重山バナナ061103.jpg
  珍しい野生種の八重山バナナですが、
  これも買われていないようです…

 ベジタブルバナナ061103.jpg
  ベジタブルバナナ、野菜バナナともいうようです
  「島バナナより美味しい」という話です
  今日は、これを買わせて頂きました

 オッパイバナナ061103.jpg
  オッパイバナナ
  飯塚社長が見えたら、「なぜオッパイバナナなのか?」
  「そういう品種名なのか?」を伺おうと思っていましたが、
  次回聞いてみるつもりです


南部には、あちこちに大小様々な市場があり、
沖縄県産バナナが、時期に応じた価格で、
生産農家が相場を見ながら値付けをしていますので、
県民の方は、苦労しないで
県産バナナを調達することが可能ですが、
生産者の名前と、価格、時にはバナナの品種が書かれた
シールが貼られているだけですから、
「どうやって栽培したバナナなのかexclamation&question
が問題になるのです。

そもそも素人の私がバナナ栽培をやりだしたのは、
そこにあるのです。

「安全・安心で美味しいバナナが食べたい」
というだけのことなのですが、
市場に無造作に並べられた県産バナナからは、
それを伺い知ることは、まったく出来ません。

実際に、多くのバナナ生産農家は、
除草剤を多用しています。

陳列されたバナナをよく見ると、
まだまだ収穫するのに早すぎる、
角ばった状態で収穫してしまい、
貧弱で哀れを誘うような、青いバナナも、
毎度毎度見受けられ、
生産者も、消費者に対して、
「最高の美味しい状態で収穫して出す」
という、当たり前のことが出来ず、
ただ“換金”と“長時間陳列”しか
考えていない農家が多いことも事実なのです。

ナハバナナ園の飯塚社長は、バナナが大好きで、
バナナを大切に扱っているのが、よく分かりますし、
バナナ栽培の博士のような方ですから、
安全・安心で、珍しい品種のバナナを
良心的な価格で買わせて頂けて、
さらに飯塚社長から直接、いろいろな栽培アドバイスも
いただけますので、
私は毎週行くことが楽しみになっているのです。

「世界のバナナ」
という看板が原因なのか、
まだまだ入場者は少ないようで、
入場者も珍しい完熟バナナを買わないようですが、
観光客の方は特に、沖縄そばやチャンプルー料理よりも、
沖縄産バナナを食べてほしいです。

除草剤や農薬を使わない、自然栽培に近い沖縄産バナナを
1度でも食べると、
「バナナって、こんなに美味しいものだったのか」
と、感動・感激するはずですよ。

ウソだと思ったら、
沖縄県産バナナを、ぜひ1度食べてみて下さい。

posted by RIU at 16:48| 沖縄 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | ナハバナナ園(豊見城市伊良波) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

合掌バナナと八重山バナナの「バナナヨーグルト・ミルクシェーク」

ナハバナナ園で買わせて頂いた、
珍しい合掌バナナと八重山バナナが
完熟ピークを通り過ぎました。

 完熟ピークを過ぎた合掌バナナ.jpg
  完熟ピークを過ぎた合掌バナナ
 
  原寸大の完熟合掌バナナ.jpg
   実物大の合掌バナナ

 八重山バナナのヨーグルト・ミルクシェークの完成.jpg
  実物大の八重山バナナ

そのまま食べても美味しいのですが、
それぞれのバナナで、
それぞれのバナナとしては日本初の
「バナナヨーグルト・ミルクシェーク」
を作り、味の比較をしてみました。


大まかな基本レシピ
・ バナナ1本(皮をむくだけでスライスしません)
・ プレーンヨーグルト 大さじ2杯分
・ 牛乳 100cc
・ 水   30cc
・ 氷    2個


 合掌バナナなどをミキサーに投入.jpg 
材料をミキサーに投入し、氷のカラカラする音が止み、
なめらかに泡立つまで20〜30秒程度回して、
出来上がりのWild&About Shskeですが、
なかなかの味に仕上がりましたexclamation

沖縄産の完熟バナナは、
輸入フィリピンバナナの糖度約17に対して
約27〜28もありますから、
三温糖など砂糖は入れる必要はありません。

・ 合掌バナナのシェーク ★★★★
  合掌バナナのヨーグルト・ミルクシェークの完成.jpg
  砂糖が入っていないのが不思議に思うほど、
  甘みがやや強く感じられ、
  “ミルク・シェーキ”のような美味しさです。
  ただ甘いだけでなく、バナナの酸味やコクも感じられて、
  喫茶店のメニューに入れても良いほどの味わいです。
  合掌バナナ自体を食べた人はマレですから、
  合掌バナナのシェーキを飲んだのは、
  私が日本人で初めてのはずですね。

・ 八重山バナナのシェーク ★★★
   八重山バナナのヨーグルト・ミルクシェークの完成.jpg
  酸味がやや強く感じられ、“渋み”が後味で残りますが、
  先に合掌バナナの甘いシェーキを飲んだ直後なので、
  その印象が強いのかもしれません。
  合掌バナナと比較すると、やや劣る、というくらいで、
  八重山バナナ・シェーキも、なかなかの味です。

 2種類の完成.jpg
  左が「合掌バナナ」、右が「八重山バナナ」です

 2種類の比較.jpg
  画像では見にくいのですが、
  左の「合掌バナナ」の方が、やや色合いが濃いです

posted by RIU at 15:37| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ナハバナナ園(豊見城市伊良波) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

八重山バナナを試食してみました!

・八重山バナナ ★★☆

ナハバナナ園で、10月28日(土曜)に買わせて頂いた
八重山バナナが黄色く完熟しました。
 八重山バナナと島バナナ.jpg
島バナナを見慣れているせいか、
八重山バナナは巨大に見えます。

計測すると、
・ 長さ 19 cm
・ 幅   5.5cm

でしたから、
輸入フィリピンバナナを太くした、
ボリューム感あふれる立派なバナナですね。

皮をむいてみると、
八重山バナナの皮の厚さに驚いてしまいます。

 八重山バナナと島バナナ061101.jpg

島バナナの皮の厚みが1mm以下なのに対して、
八重山バナナの皮の厚みは、なんと3mmもありました。

中の果実の色は、島バナナと同じですが、
かじった食感は、見た目の豪快さとは反対で、
デリケートでバナナ特有の粘りがなく、
「フニャッ」として軟らかく感じます。

島バナナの食感が、やや固く感じるほど、
八重山バナナの果実は軟らかいです。

酸味と甘さ、コクのバランスは割合取れていますが、
甘みがやや勝っているかもしれません。

全体的には、島バナナに比べると、
ややボケたような感じがしないでもないのですが、
ひと言で言えば「美味しい決定という表現が出来る味です。

島バナナには負けている味なので、
星は5点満点で「星2つ半」ですが、
フィリピンバナナと比較すると1万倍は美味しいです。

posted by RIU at 15:58| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ナハバナナ園(豊見城市伊良波) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

合掌バナナを試食してみました!

・ 合掌バナナ ★★

ナハバナナ園で、2日前に買わせて頂き、
仏壇に上げていた合掌バナナが黄色く完熟しました。
 完熟した合掌バナナ061030.jpg
外側の果実が実割れしてきましたから、
完熟したサインだと思うのです。

 癒着したような合掌バナナ061030.jpg

ふつうのバナナは、果実がバラバラで
果段の根元でつながっていますが、
合掌バナナは、果実が全部付着してしまっているので、
一見すると、サルノコシカケ型キノコや
野球のグローブのような感じに見れるのです。

 何となく粉っぽく見える合掌バナナ061030.jpg

黄色く完熟した合掌バナナの皮の表面は、
粉をまぶしたようにも見えますが、
カビでしょうかexclamation&question
クッキング(調理)バナナにも見受けられた現象ですね。
触っても、粉っぽくはありません。

沖縄では、私が初めて食べるようですから、
端の1本を、緊張しておそるおそるはがしてみると、
隣の果実と、黄色い皮部分が付着していました。
 端の1本をはがしてみる061030.jpg
そのために、はがしたバナナは、
皮が横に裂けて、中身が見えてしまっています。
 端の3本をはがしてみる061030.jpg
食感は、ねっとり感が強く感じられます。
今まで食べたバナナの中では、最高にねっとりしています。

酸味が少なく、甘さが強く感じられます。

「ねっとり感と甘みが強い」
という個性的なバナナで、
決して不味くはありませんが、
「何度も買いたい」
と思わせる味でもありません。

わたし的評価の味(最高星5個)は、
おまけして
「星2つ」
ですね。


posted by RIU at 15:04| 沖縄 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ナハバナナ園(豊見城市伊良波) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

2度目のナハバナナ園

先週初めて、ナハバナナ園を訪問し、今回は2度目になります。
 ナハバナナ園の入口側.jpg
前回買わせていただいたのは、
・ 台湾バナナ
・ ミズバナナ
・ クッキングバナナ
・ ミャンマーバナナ
で、
今回は、それ以外のバナナが出ているかを見に行ったのです。

前回のバナナのわたし的評価は、
・ 台湾バナナ ★★★  
  今回の中では、最も美味しかったです。
  ボリビアバナナに味は似ているのですが、
  ボリビアの方がコクがあります。
  昔の台湾バナナは、もっと大きいような
  イメージがあったのですが、小ぶりなのは
  環境が違うせいなのかもしれません。
  
・ ミズバナナ ★
  トロピカルな風味はあるのですが、
  酸味や甘みが薄くて、残念ながらイマイチでした。

・ クッキングバナナ ★★
  調理用バナナですが、
  完熟すると黄色くなって生食できるのです。
  ネットリ感が強く、“イモ”っぽい食感で、
  美味しいのですが印象に残るほどのものではありません。
  台湾バナナより明らかに劣りますが、
  ミズバナナよりは美味しいです。

・ ミャンマーバナナ ★
  酸味がやや感じられず、甘みが強く、
  美味しいのですが印象度の少ないバナナです。


今回、買わせて頂いたのは、以下の4種類のバナナです。
・ 合掌バナナ
  合掌バナナ.jpg
  読谷村の飯塚バナナ園では、
  1度収穫したことがあるそうですが、
  飯塚社長の親戚に送ってしまって、
  今回が2度目の収穫だそうです。
  合掌バナナは沖縄では飯塚社長しか栽
  培していない貴重なバナナですが、
  飯塚社長ご自身も食べられたことがないので、
  どんな味がするのか分からないのだそうです。がく〜(落胆した顔)
  合掌バナナを包丁でカット.jpg
  バラの2本を頂こうとしたら、
  1カット全部の皮ががつながっているそうで、
  1カットを500円で譲って戴きました。
サルノコシカケ型キノコのようですね。
  私が、沖縄での購入+味見第1号のようです。
  美味しければ良いですね。

・ 銀バナナ ★★☆  
  すでに、完熟していて、1本1本バラバラになっていて、
  やや黒ずみはじめていましたが、
  「とても美味しい」という評価でしたから、
  6本頂きました。
  100グラム80円でした。
  (他のバナナは100グラム50円くらいです)
  帰宅後、早速食べてみましたが、
  島バナナのようなモッチリ食感はないのですが、
  滑らかな粘りがあり、甘み・酸味・コクの
  バランスが良いのですが、台湾バナナよりは劣ります。

・ オッパイバナナ
  どういう言われがあって、「オッパイバナナ」なのか
  分かりませんが、
  美味しかったら後悔しますので、
  とりあえず買ってみました。

・ 八重山バナナ  八重山の野生種だそうで、大きなバナナです。
  青い追熟中のを、仙台市の知人に
  1カットお贈りしようと思いましたが、
  どういう味なのかも分からないので、
  今回は試食して吟味してみます。
  販売用のバナナ2.jpg

銀バナナ以外は、完熟までもう少し時間がかかりますので、
食べたら、また報告をするつもりです。

コメントを頂く“なあこ”さんは、
ナハバナナ園のご近所だそうですから、
ここは時々伺ってみて、
美味しそうなバナナを買われたら良いですよ。
 販売用のバナナ.jpg
ナハバナナ園の販売価格は良心的ですし、
何より除草剤や農薬を一切使わない“安全”ですし、
入手不可能なバナナですし、
もしかしたら自分にピッタリの味のバナナが
見つかるかもしれませんよ。

私は月に2〜3回伺って、
飯塚社長の12年のバナナ栽培ノウハウを
少しずつ勉強させて戴きつつ、
ナハバナナ園の80種類を“完食”するつもりです。

 ナハバナナ園の全容.jpg


posted by RIU at 19:43| 沖縄 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ナハバナナ園(豊見城市伊良波) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

病み付きになりそうな“ナハバナナ園”

那覇空港と“あしびなー”というアウトレットモールの、
ちょうど真ん中あたりに、
建設費5千万円という大型鉄骨ハウスの
「ナハバナナ園」
があります。

 
ここは、ホームセンター「メイクマン」の近くで、
鉄骨ハウス建設中に何度も脇を通っていましたが、
私自身がバナナのミニ研究をしていますし、
当時の仮・看板が「世界のバナナ園」と
書いてあったこともあって、
当初はまったく興味がありませんでした。

むしろ、
「沖縄ではバナナは珍しくないので、こんなとこ誰が行くのexclamation&question
という冷めた感じさえありました。
 園内2.jpg
和歌山県の渡辺様が、
このバナナ園に立ち寄られた画像を
ホームページに出ていましたので、それで初めて、
「一度は見ておかないといけない」
と思い、行ってみたのでした。
 ナハバナナ園.jpg
入場料200円を支払うと、
入口で、群馬県出身の飯塚久夫社長から
バナナについての概略を説明を伺いました。
 園内.jpg
バナナは、世界中に約240種類があり、
そのうち80種類が、このバナナ園にあるのだそうです。

 三尺バナナ.jpg

 台湾バナナ.jpg

私のミニバナナ研究は、
「沖縄のバナナについて」
がテーマですから、そもそもスケールが違うのです。

 サンタカリーナ種.jpg

 アップルバナナ.jpg

飯塚社長は、昭和21年に沖縄で食べたバナナが
“世界一”美味しかった、という感動で、
バナナに興味を持たれたそうです。
 クエダーニー種.jpg 
当初、石垣島でバナナ園を立ち上げ、
台風で壊滅して本島の読谷村(琉球村)で再度立ち上げ、
琉球村の入場者数が激減したことで、
豊見城市で3度目の挑戦をされています。
 カルラバ種.jpg
飯塚社長は71歳ですが、
ご自身の好きな道に没頭できていることで、
生き生きとしていていますから、
とても良い生き方だと思いますし、
何よりバイタリティをもらうことが出来ます。
 ミャンマーバナナ.jpg
ナハバナナ園は宣伝らしい宣伝もしていませんし、
旅行会社とは契約していませんから、
まだまだ入場者数は少ないようです。
 シンジュバナナ.jpg
 シンジュバナナの果房.jpg
ナハバナナ園にも、旅行会社がやってきて、
入場券200円に対して、
旅行会社が連れてきたお客様のキックバックは、
1人200円を要求され、
当然お断りしたのだそうです。

日本のバナナは、
柴又の寅さんの「叩き売り」ように、
昔の台湾バナナを輸入した時代から、
巨大な食品会社がプランテーション化して、
フィリピンやエクアドルなどから大量に輸入してきて、
スーパーに行くと、輸入バナナはいつでも
100グラム20円前後で売られるのが当たり前になり、
昔バナナが高級品だったことなど、
すっかり忘れかけてしまっていますよね。

フィリピンバナナは、
農薬を惜しみなく使って促成・大型栽培化し、
まだ青くて角がある6分の状態で収穫してしまい、
日本までの2週間のうちに、
エチレンガスや温度で追熟させています。

そのために、形は立派なバナナですが、肝心の味は無いのです。

沖縄産バナナは、放任でも栽培可能ですから、
農薬を使用することはマレですし、
もちろん防腐剤も散布しませんから、
安全でとびきり美味しいのですが、
日持ちがしないことで流通に乗らないのです。

ナハバナナ園では、
・ 赤土
・ 培養土
・ 鶏糞
・ 堆肥
を混ぜ合わせて、土作りをしていましたので、安全バナナです。
 バナナ栽培の堆肥.jpg
 バナナ栽培の土.jpg

私は、沖縄に来られた方には、
沖縄産バナナを、ぜひ召し上がってほしいのです。

「バナナって、本当はこんなに美味しいのか」
と思われるはずです。

おかしな観光施設に行くなら、
沖縄産バナナを食べる方が、よほど想い出に残ることと思います。

それでも、バナナはバナナですから、
どうしても
「たかがバナナ」
になってしまうんですよね。

私は、バナナのミニ研究をしていますので、
「されどバナナ」
で、とても奥が深いと思っています。

そう考えると、
ここは好き嫌いが分かれるところかもしれませんね、
私は大絶賛したいですが。

飯塚社長は、
「バナナは品種ごとに味が全部違っている」
「果実の中ではバナナが最も糖度が高いが、
 酸味で調和が取れている」

「輸入バナナの糖度は17前後、沖縄産バナナの糖度は27前後」
と言われていました。

見学後、園内で完熟しているバナナが
無料で試食できることも、魅力的でした。

 モラード(赤)バナナ.jpg

 モラード(赤)バナナの果房.jpg

私が試食出来たのは、
・ ミズバナナ
  ミズバナナ.jpg
・ クッキングバナナ
でした。

時々伺って、
私に合う味のバナナを探してみようと思います。

 合掌バナナ.jpg

 合掌バナナの果房.jpg
また、世界の3割の品種のバナナの子株も、
ここでは有償で分けて頂くことが出来るのです。

自身で東南アジアに行って、
バナナの子株や根を調達する手間ひまを考えたら、
どんなにありがたいことでしょうか。

JAやホームセンターで売られるバイオ苗は、
いろいろな問題があるようですし、
ナハバナナ園近くのホームセンターでは
「豊作バナナ」という名前のバナナ子株が
1,300円くらいで売られていましたが、
いったい何の品種なのでしょうかexclamation&question

ナハバナナ園は、観光客よりも、
沖縄の地元の方に行ってほしい施設だと思います。

なお、このナハバナナ園は、
来年からWebでホームページも作成するようですから、
今から期待しています。

 石垣産八重山バナナ.jpg

 石垣産大房バナナ.jpg

ここで、特に参考になったのは、
添乗から果房を吊ったり、
仮茎を真直ぐになるように引っ張ったりしていたことです。

飯塚社長のお話では、
「バナナの果房の重みで仮茎が斜めになるが、
 そうなると糖度が上がらない」

「真直ぐに仮茎が伸びることで、糖度が上がる」
ということで、
これは私にとっては、今後の栽培で、とても参考になりました。

何度も伺って、
飯塚社長のノウハウの一部分でも吸収したいところです。

posted by RIU at 17:54| 沖縄 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ナハバナナ園(豊見城市伊良波) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。