2007年12月05日

ペール栽培バナナは、それなりの成長

バナナは、
「6畳間(3坪)に1本植えるくらいがちょうど良い」
くらいの、巨大な草本ですから、 
バナナを植える場所があるのに、
わざわざ、ゴミ容器にするような
45リットルのペールでバナナを栽培することは、
本当はバナナに対して、
すごく失礼で残酷な行為をしているわけです。もうやだ〜(悲しい顔)

071205ペール1.JPG

植物は、手狭な環境に植えると、
その環境に見合う成育しか出来ませんから、
植木鉢の果樹などを永年放任していると、
根が鉢の中で一杯になり、
いつしか弱って枯れてしまうのも、必然なんですね。

ペール栽培バナナは、仮茎の高さが1m以内でも、
次々に子株が出ている、
ということは、
バナナの生涯の集大成を披露する段階が
近づいていることを意味していますから、
きっと、
「次の世代に託したことだし、
 もうそろそろ花を咲かせて実を付けて終わりにするか」

と言っているに違いありません。

071205ペール2.JPG

ペール内の土は、明らかに量が少なく、
したがって、バナナが吸収する養分も限定されていますから、
きっと、
「小ぶりの貧弱な花が咲き、2〜3段の成育不良の果房が出て、
 せいぜい親指大〜小指大の果実しか出来ず、しかもボケた味」

と推察しているのですが、どうでしょうかexclamation&question

ペール栽培は、観賞用としてなら良いかもしれませんが、
本来のバナナの一生からすると、少し哀れな感じですね。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by RIU at 15:12| 沖縄 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ペールで栽培中のバナナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

郷に入らば郷に従え?

沖縄県農林水産部の
「果樹栽培要領」
のバナナの項によると、
・土壌
「有機質に富み、
土の深さが60cm以上の排水の良い肥沃な土壌を選定する…」


・ 植付距離
「小笠原種の多年株出し栽培 10アールあたり175本

とあります。

1アール=100坪ですから、
「10アールあたり175本」
とは、
300坪 ÷ 175本 = 1.7坪/本

「バナナ1本を1,7坪に植える」
つまり正方形で考えると、
一辺が約2m37cmの正方形の中央にバナナを植える、
というわけです。

070831ペール栽培1.JPG

この1.7坪の面積で、深さが60cm以上の土壌に
本来バナナを植えるべきところが、
ペール栽培では、
土壌はともかく、
土の深さは50cm以下ですし、
表面積はベラボーに小さいために、
ここに移植されたバナナは、
この狭苦しい環境に適合するために、
ミニバナナになってしまうのです。

070831ペール栽培2.JPG

葉の数は、相変わらずチェックしていないのですが、
もう数十枚出ていますし、
ペール内の乏しい土から吸収できる養分の中で、
子株も出てきたことから、
どうやらミニバナナのまま
開花してしまうことになりそうですが、
おそらく、
開花〜果房は貧弱なものになりそうです。

070831ペール栽培の子株.JPG
   子株が2本出てきました…

070831ペール栽培3.JPG


ちなみに、
「バナナの植えつける面積」
は、
私の考えでは、
県の1.7坪の約2倍の、
「バナナ1本植えるのに、理想的な面積は3坪」
です。

実際の3坪は、畳6枚分(=1部屋6帖間の面積)と広く、
こんなに広い面積に、
バナナの小さい子株を1本植えても
もったいないような感じがするのですが、
子株が成長し、果房をつけるくらいに成長したバナナは、
仮茎の太さは電柱をはるかに上回り、
葉の大きさが人間の大きさよりも大きくなり、
これが仮茎の先端から四方に張り出し、
次世代の子株も数本出てきますから、
3坪は充分に必要になるのです。

3坪の面積は13.2平方メートルですから、
正方形で考えると、一辺が約3.63メートルになります。
( 3.63 × 3.63 = 13.18 )

自動車の長さで考えると、
TOYOTAのSUV車RAV4(3ドア)の全長が3.7m、
軽自動車の規格では全長3.4m以下となっていて、
 ・ ダイハツ ムーヴ
 ・ スズキ  ワゴンR
の全長は、規格ギリギリの3.395m
ですから、
だいたい最新型の大き目の軽自動車の全長くらいの、
一辺が約3.63メートルの正方形の中央に
バナナを植えると、
バナナから3,63メートルの半分、
( 3.63÷2=1.815)
1メートル81センチの長い葉が
四方に出る面積、ということになりますから、
だいたいイメージできるのではないでしょうかexclamation&question

ちなみに、
バレーボールの日本代表、木村沙織選手の身長は、
183cmですが、
バナナの葉は、このくらい大きいのです。

070831ペール栽培4.JPG


6帖間に1本植えるべきバナナを
ゴミ箱に使うペールで栽培するのですから、
いくら
「郷に入らば郷に従え」
という格言があっても、
バナナにとっては、とても
「住めば都」
とは言えるはずもなく、
かえって残酷なことをしているのかもしれませんね。もうやだ〜(悲しい顔)

070831ペール栽培5.JPG

posted by RIU at 17:09| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ペールで栽培中のバナナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

ペール栽培のバナナに子株が出てきました!

バナナは、子株から成長して果房が出るまでに、
「四十数枚の葉を出す」
といわれています。

0619-1.JPG

身近にバナナがあるので、
いつも、
「それがホントかどうか、品種ごとに調べてみよう」
という気がありながら、
なんのかんのと言い訳をして
延期を繰り返しているのですが、
ペールで栽培中の2本のボリビアバナナのうち、
1本の仮茎の脇から、
子株が出始めているのを発見しました。

0619-2.JPG
  右に子株が出ているのですが、わかりますかexclamation&question

バナナは草本ですから、
果房を出したら役目が終わりますが、
その前に、子孫(子株)を出して
後世を託すので、
ペール栽培バナナも、
高さが80cm程度しかないのに、
もう充分成長していて、
そのうち開花する可能性が高い、
という予想ができるわけです。

ペールの体積をいち早くキャッチして、
それに見合う大きさにしかならない、
ということのようですね。

0619-3.JPG

posted by RIU at 16:13| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ペールで栽培中のバナナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

本土でバナナを鉢栽培される方に参考になる鉢植えバナナ

暖かくなって、
バナナ子株を希望される方が増えてきました。

私が絶賛するボリビアバナナや島バナナの子株は、
最近のゾウムシ騒動が安全宣言を出せるまでは
残念ながらお送り出来ないので、
現在譲渡可能な子株は、
 ・ マッサンバナナ
 ・ イスラエルバナナ

の2種類だけです。

本土でバナナ栽培に挑戦される方は、
 ・ 露地植え
 ・ 室内での鉢栽培
 ・ ハウス栽培

などの環境によっても違うのですが、
バナナは熱帯植物の草本で、
赤道をはさんで南北回帰線の内側が
バナナ栽培ゾーンですから、
本土は北回帰線をはるかに超えていて、
 ・ 日照不足
 ・ 温度不足
 ・ バナナの嫌いな寒さと越冬

という、
バナナにとっては過酷な環境での栽培になることを、
最初に覚悟しなければならないのです。

今日、南風原(はえばる)の丸大スーパーに行きましたが、
隣の園芸店にバナナの鉢が売られていましたので、
参考までにご覧下さい。

070507バナナの鉢栽培.jpg

園芸店のご主人によると、
バナナの品種は“島バナナ”で、
露地で開花させ、果房を付けてから
掘り返して鉢に入れたのだそうです。

070507バナナの鉢栽培3.jpg

そのためか、子株も1本仮茎の脇に出ていますね。

070507バナナの鉢栽培2.jpg

果房は栄養失調なのか、5段しか付けていませんでした。

070507バナナの鉢栽培4.jpg
しかも、価格は8,400円(税別)と、
沖縄にしてはやや高い設定になっていますし、
バナナの果実の大きさや
仮茎の高さや太さ、葉の形状などから判断すると、
三尺バナナっぽいようにも思えますが、
いかがでしょうかexclamation&question


本土でバナナを鉢栽培される方には、
・ 鉢は出来るだけ大きいものを選び、
  ドラム缶を半分に溶断したものでもOK
・ 土は、出来れば60リットルくらいは欲しい
・ 出来れば、鉢の底に「鉄骨枠+キャスター」で、
  簡単に移動できるようにして欲しい
・ 出来る限り日照を当てて欲しい

などをアドバイスしておきたいと思います。

私はバナナ博士ではないので、
完璧に答えられないと思いますが、
バナナを栽培する仲間(先輩)として、
どしどしご質問にお答えするつもりでいますから、
お気軽にお問合せ下さい。


「バナナのオーナー募集」
は、
しばらく中断にしていますが、
近日一時的に再開することになるかもしれません。

と、いっても
 ・ 私が借りていたバナナ園は
   私が移転することで昨年地主にお返しし、
   さらに、私の自宅併設のミニバナナ園は、
   ゾウムシ騒動中なので、
   除草剤や農薬を一切使用しない安全な栽培法の
   知人のバナナ園で、
 ・ 5月中旬〜8月中旬までの果房に限定
という具合で交渉中ですから、
まだ未確定なのですが。

ただ、“味”については、
沖縄で最高に美味しいと私は思っています。

まだ未確定ですが、
一応、お知らせまで。
   

posted by RIU at 23:48| 沖縄 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | ペールで栽培中のバナナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

ペールで栽培中のバナナが越冬しました!

昨年9月20日にペールに植え、
11月6日に経過をご紹介したバナナは、
その後、順調に暖冬を乗り越えて、
大きくなりつつありますが、
土の深さや容積が充分ではないためか、
スケールの小さいミニバナナになりつつあるようです。もうやだ〜(悲しい顔)

今朝9時の成育状況をご覧下さい。

07040909ペール栽培BANANA1.jpg

07040909ペール栽培BANANA1-2.jpg


07040909ペール栽培BANANA2.jpg

07040909ペール栽培BANANA2-2.jpg

鑑賞用にしたつもりはないのですが、
やはり、バナナは広い場所に、
ダイナミックに植えたいところです。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by RIU at 16:47| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ペールで栽培中のバナナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

ペール栽培のバナナが、少し大きくなりました!

ペール栽培のバナナが、少し大きくなって、
ペールの外側に葉が出るほどに成長してきました。
 ペール栽培のバナナ2.jpg

参考記事
9月20日 赤ちゃんバナナ

45リットルのゴミ箱で使うようなペールですが、
ホームセンターの日替わりで850円で買った“安物”で、
“鉢”の代用ですから、
下には水が出るような穴を開けてあります。
 ペール栽培のバナナ1.jpg
  ペール栽培は、2つで行っています。
  画像上の発芽しているのは、コーヒーです。

このくらいの大きさの高価な鉢を買うよりも、
ペールの方が安上がりですから、
見栄えより実用性を重視して、ペールを使うことが多いです。

雲南百薬も、自宅ではペール栽培をしています。

さらに、安上がりな方法は、
スーパーで発泡スチロールの箱を頂いて、
それを鉢の代用にする、という手があり、
これもコーヒーの発芽用などで多用しています。

バナナは、土の深さが、
最低60cmは必要と言われていますから、
ペールバナナ栽培は、このまま成長させるのではなく、
春には露地植えしないといけませんが、
これから沖縄も冬ですから、目だった成長はないはずです。
posted by RIU at 18:24| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ペールで栽培中のバナナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

赤ちゃんバナナ

バナナの寿命は約1年半と短いので、
バナナは数本の子株を出して、次の世代に託してゆきます。

現在、引越し準備のために
バナナの子株の掘り出し作業を進めています。
 掘り出した子株の根塊.jpg
今日は、まだ地上8cmくらいの
ボリビアバナナの子株を掘り出しましたが、
氷山が海面に浮上している部分より、
海中の塊が大きいのと同様に、
バナナも、わりと深く掘らないといけないので、
思いのほか重労働です。

バナナの子株掘りは、
ふつう雨のあと、土が軟らかくなってから
行われるのは、このためです。

赤ちゃんバナナという品種は、もちろんありませんが、
バナナの子株の小さいものは、
「赤ちゃんバナナ」
と、
独断で命名することにしました。
 移植したバナナ2.jpg
赤ちゃんバナナは、
早速80cmのポリバケツに移植しました。


以前に移植した赤ちゃんバナナ(ボリビア)も、
ご覧の通り、少し大きくなりましたが、
 80cmポリバケツで栽培中のバナナ.jpg
このままポリバケツで栽培すると、
土の量や、深さなどが不足しているために、
仮に開花しても、2段程度しか果房が出来ないはずです。

今冬は、ほとんど成育に変化が見られないはずですから、
来春には、露地に移植してあげないといけません。


posted by RIU at 12:44| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ペールで栽培中のバナナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。