2008年01月30日

バナナとコーヒー栽培のために、やんばるに移転が決定!

数年前から、
「広大な敷地を出来るだけ安く借りて
バナナやコーヒー栽培をしたい」

という身勝手な考えながらも、真剣に
沖縄本島の中北部の土地を探していて、
そんな自分勝手な考えでは、
なかなか移転先が決まらないのも当然でしたが、
昨年のフジサンケイ女性起業家支援プロジェクト2006で
沖縄地域賞を戴いてからは、
あちこち候補地が出現し、
ありがたいことに、この年末年始に、
国頭(くにがみ)村与那(よな)の山に決定してしまいました。

080130-2.JPG
  山に入る道

現在、1回目の伐採が終わり、
その後の雨降りで2回目伐採が遅れていますが、
3月にはコーヒー苗木やバナナ子株の移植が始められそうです。

080130-3.JPG
  山に入る道(奥に進むのは土地所有者と私です)

やんばるは、「東洋のガラパゴス」と言われる秘境で、
国の特別天然記念物ノグチゲラや
天然記念物のヤンバルクイナなど
希少動物のメッカですから、
“伐採”といっても、重機で一面を開拓してしまうのではなく、
コーヒーの苗木を移植するのに最低限度必要な部分の
幹の細い木やリュウキュウチク(琉球竹)、
へゴなどを伐採するにとどめて、
幹の太い大きな木は防風林として、そのまま残すことに決め、
なるべく自然を壊さないように考えています。


080130-4.JPG
 1回目伐採で草刈機で刈った道

コーヒーの木をたくさん植えることで、
「コーヒー山」
と、勝手に命名し、
バナナは、林道から山に入る道の端に
1列に植えることにしました。

080130-5.JPG
 左斜面側の端にバナナを、
  右の崖側端にマニラヤシを植える予定


反対側の端には、自宅庭に大量にあるマニラヤシの苗木を
一定間隔で移植してゆこうと考えています。


その道も、測っていないのですが、
数百メートルにもなる長い道なので、
この道は
「バナナロード」
とか
「バナナ街道」
とか
[
「バナナアベニュー」
とかに命名しようか、
と勝手に思案しているところです。

現在の住居は生活に便利な沖縄本島南部にあり、
移転地は沖縄本島最北の過疎地・国頭村ですから、
ふつうの考え方からすると逆行しているのでしょうが、
私は楽しみで楽しみでワクワクして
思わずニヤけてしまうほど移転を楽しみにしているのですが、
おそらく、バナナやコーヒー、ヤシたちは、
私よりもずっと楽しみにしていることでしょう。


バナナオーナーの問合せも時々ありますが、
今春、バナナ子株を移植後に、
また募集を再開することを予定しています。

ただし、今春の子株移植では、
年内に収穫を迎えることは出来ませんが、
募集案内は、詳しくは、
春ごろにお知らせすることになるでしょう。

080130-6.JPG
 1回目伐採の1月20日に満開に咲いていたヒカンザクラ

posted by RIU at 18:42| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | やんばる移転への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。