2005年11月19日

中国の鳥インフルエンザ感染死者数「3人感染、2人死亡」説はデタラメ?

中国の鳥インフルエンザ.jpg

中国で発表された鳥インフルエンザ感染による
「2人死亡説」はデタラメのようで、実際には
「犠牲者が300人を超えていて、隔離された者は5千人以上に達した」
という内部情報
が出ています。

これは「博訊ネット」(11月14日)という中国情報サイトに
「投書」のかたちでリークされたもので、
2005年11月12日までに鳥インフルエンザの犠牲者は
中国全土、13省にまたがって310人
何らかの理由で隔離された患者が5554人となっています。

この数字さえも、
当局の命令で低めに抑えられた数字ではないか
と投書者は告発しています。

「博訊ネット」には、地域別・症例別患者数の一覧表が掲載され、
例えば
・ 青海省で死亡143人,感染131人,隔離961人,失踪13人

・ 遼寧省では死亡69人,感染237人,隔離2076人,失踪2人

・ 新彊ウィグル自治区では
    死亡18人,感染35人,隔離340人,失踪6人

・ 内蒙古自治区では死亡28人,感染9人,隔離149人,失踪2人

・ 湖北省では死亡25人,感染297人,隔離1524人,失踪4人
となっています。

2年前、世界を恐怖のどん底に叩き込んだSARSでさえ、
その情報隠匿が勇気ある医師によって告発され世界に伝播されるまで、
中国ではひたすら情報を隠していましたね。
 
それほどひどい「経済成長のひずみ」、
その中国の「不衛生の実態」も世界に暴露されたわけですが、
ともかく情報隠匿は独裁政権にとって体質的悪政のアイテムなのです。

今回の鳥インフルエンザ伝染情報も、
中国伝統の隠匿体質が、危機をさらに危険にしています。

とくに感染地域には軍が投入されて
戒厳令同然の情報封鎖、病院および医師の管理主導権を握り、
情報管制が強化されました。

また中国衛生部の情報処理ならびに発生状況の公表さえ、
軍の顔色を伺ったお粗末な内容になっています。

内部指令書によれば、当局は
 「鳥インフルエンザの疑似感染者および感染者を
  直ちに指定医療機構に収容し、上級政府に報告せよ。
  国務院の許可なく感染情報を公開してはならず、
  違反責任者は懲戒免職などの罰則を適用する。
  感染者が死亡した場合、
  死亡原因に「鳥インフルエンザ」やH5N1などと
  記述をしてはならない」
という滅茶苦茶な指示をしているようですから、呆れたものです。

posted by RIU at 15:35| 沖縄 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 鳥インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。